住宅設備メーカー社員のやりがい、魅力

暮らしに便利をプラスする

住宅設備メーカーは、今では当たり前となっている暮らしの中の「便利」を開発してきました。そして、今の暮らしを更に便利にしていく製品を生み出すべく日々努力しています。

住宅設備メーカーの社員は人々の暮らしの未来を担っているといえるでしょう。

ひらめきが形になり人々を笑顔に

前項と重複する部分もありますが、住宅設備メーカーの技術職に従事している人は自らの発想が商品という形あるものになり、人々の暮らしにダイレクトに影響するということに醍醐味を感じています。

自分が生み出した商品によって多くの人々の暮らしが豊かになることを実感できた瞬間は何にも代えがたいやりがいを感じられるでしょう。

住宅のプロ相手の営業

住宅設備メーカーの取引先の多くは住宅メーカーや工務店といった、いわゆる住まいのプロフェッショナルです。

営業職に従事している人は日々こういった住まいに関する専門的な知識を十分すぎるほどに持っているプロを相手に商談を行うわけですからそのプレッシャーは筆舌に尽くしがたいものがあります。

高いプレゼンテーション能力はもちろん住宅に関する豊富な知識が求められるため常に学び続ける姿勢が必要です。

ゆえに、商談がまとまった時の喜びもひとしお。自身の知識の確かさを再確認でき、さらなるスキルアップのきっかけにすることができます。

信頼が次の仕事を生み出す

確かな商品、細やかなサービス、丁寧な施工など誠実な仕事を積み重ねることで、同じ取引先の別の現場にも採用してもらえる場合があります。

個人客と長く付き合うことができるのも同じことです。長く取引が続くことで信頼関係を築けたことを実感できるのは仕事をしていく上での大きな励みになっていきます。