住宅設備メーカー社員への転職、中途採用

転職者の受け入れに寛容

住宅設備メーカーの中途採用情報は転職系の求人情報誌や情報サイトなどでまとまった件数を目にすることができるでしょう。

事務職は他業種からの未経験者も歓迎とし、研修制度を充実させている会社もあります。

それまでの経緯はさておき、営業成績が物をいうのが営業の世界。

まったくの未経験から管理職まで上りつめることも可能です。ただし同業種からの転職者や営業経験者が即戦力として優遇されるのはいうまでもありません。

前職でのスキルやノウハウを大いに活用し、努力次第でステップアップもスムーズにできるでしょう。

技術職は経験必須

商品の企画や開発、設計などの技術職への転職は前項で述べた営業職に比べてハードルが高くなります。募集要項を見ても経験者を求める会社ばかりであることが分かるでしょう。

技術職への転職を考えている人は資格をまず前職で経験を積み、必要な資格を取得してから求職すべきです。

普通免許所持は最低条件

新卒採用者同様、業務上車の運転をする機会が多数あるため、普通免許を持っていることは必須です。

AT限定でも可能である場合がほとんどなので、必ず転職活動前に取っておくようにしましょう。

Iターン・Uターン歓迎

住宅設備メーカーの中途採用の特徴として地方営業所からの求人が多いことが挙げられます。生まれ育った地元での勤務や地方暮らしを考えている人を歓迎する旨を明記している会社が多数あります。

転職活動を成功させるためには勤務地の選択肢を広げることも視野に入れるといいでしょう。

女性の再就職を応援

住宅設備メーカーは部署によっては育児等で一度社会から離れた人が再度活躍できる場を提供しています。

たとえばショールームでの接客担当は女性の力を必要とする部署であるため、家庭と両立しやすい条件で求人を出している会社が多い傾向にあります。