住宅設備メーカー社員のつらいこと、大変なこと、苦労

新規取引先を獲得するのが困難

人口減少、少子高齢化による新設住宅着工数の伸び悩みの影響で住宅業界全体の市場が縮小しています。このような状況に伴い、住宅設備メーカーの営業担当も新規の客を獲得することに苦戦を強いられています。

個人相手のリフォーム営業を強化するなど各社対策を講じながら苦境を乗り切る努力をしているものの、今後も厳しい状況が続きそうです。

ノルマとの戦い

会社の明暗は売り上げによって左右されるため、営業ノルマが課せられるのは致し方ありません。

このプレッシャーとの戦いは住宅設備メーカーに限らず全ての営業担当が共通して感じるつらさであるといえるでしょう

残業、休日出勤は当たり前

取引相手の都合に合わせて動くことになる営業担当は勤務時間外の勤務や休日出勤の頻度が比較的高くなります。

もちろん、手当てや代休で相殺されますが帰宅が深夜になったり、連勤になったりすることで体調を崩してしまう人もいるのが現状です。

転勤の可能性が高い

これも営業職においてですが全国展開しているメーカーの場合は5年前後で転勤になる覚悟をしておくべきでしょう。場合によっては単身赴任になることもあるため、家族のいる人にとっては悩みの種になりえます。

一方でさまざまな場所での勤務経験が成長の糧になるという見方をすることもできます。

商品の開発は苦労の連続

商品化の第一歩である企画から実際の現場に製品をとりつける施工まで住宅設備メーカーの技術系分野は非常にタイトな日程で仕事をこなしています。

それぞれがその分野の専門家であり、自身の仕事にやりがいや楽しさを感じているとはいえ、失敗の連続ともいえる商品開発過程は苦労がつきもの。

納期までに完成に漕ぎつけなければならないという物理的な苦労も含めて非常に根気の必要な部署であるといえます。

またどの段階であっても何かミスがあると商品の販売が延期になってしまう可能性があるため、かなりの緊張感を持って日々の業務にあたる必要があります。