住宅設備メーカー社員の種類

どの住宅設備を開発しているか

住宅は多数の製品によって形成されており、それぞれ異なるメーカーが開発しています。

住宅設備メーカーの分類は住宅のどの箇所の製品を開発しているかで分けられます。メーカーの中には複数個所の製品を開発しているところもあります。

大手メーカーの場合はグループで住宅設備を総合的に販売しているところも多いです。また異なるメーカーが統合し、より幅広い事業展開を目指すケースも増えてきています。

住宅設備の種類

住宅設備は下記に分類されます。

・木工事に用いる接合補強金物
・断熱工事に用いる断熱材
・外装工事に用いる防水シート・外壁材
・タイル工事に用いるタイル・レンガ
・屋根工事に用いる瓦・屋根材
・建具工事に用いるドア・シャッター・サッシ・手すり・鍵
・ガラス工事に用いるガラス
・塗装工事に用いる塗料
・内装工事に用いるフローリング・クロス
・衛生・厨房設備工事に用いるシステムキッチン・システムバス・トイレ
・空調設備工事に用いる換気設備
・防災・防犯設備工事に用いる警報機・ドアホン
・外構工事に用いるフェンス・門扉・塀・カーポート
など

各社とも技術力を結集させた主力商品があり、より高い品質の商品を開発すべく日々努力を重ねています。

メーカーの規模は様々

住宅設備メーカーは社員が5万人を超えるグループ会社から100人ほどの地域に根差した会社までその規模はさまざまです。

全国展開しているところもあればそうでないところもあり、工場の数もその規模に準じます。

既出事項ですがある設備に特化している会社から総合的に住宅全体の設備を扱っている会社まであります。

それぞれの良さがある

業界シェアの高い大手メーカーはやはり営業力も高く、給与や福利厚生も高水準で安定している傾向にあります。

一方で会社としての縛りが強く顧客への対応も一辺倒になってしまうという特徴もあります。

中小規模のメーカーの場合、大手に比べて商品力が弱く、給与や福利厚生の面で敵わない部分があるのは否めませんが顧客に対して柔軟な対応ができ、高いサービス力を発揮できるため、やりがいを持って仕事ができるという良さがあります。