住宅設備メーカー社員に必要な資格、スキル

在学中に普通免許をとっておこう

住宅設備メーカーは部署を問わず自動車を運転する機会が多いのが特徴です。そのため、募集要項には「要普免」の文言が目立ちます。

選考時に持っていなくても入社までに取得すればよいので在学中に必ずとっておきましょう。

ちなみにAT限定でもとくに不利になるということはありません。

専門資格は入社後働きながら取得

住宅設備メーカーで働くにあたり、必要な専門資格は多々ありますが、どれも入社前に取っておくべきものではありません。どの会社も入社後のスキルアップを奨励しています。

働きながらの資格取得は負担がないわけではありませんが、社員として必要なものであるため、皆前向きに取り組んでいます。

ちなみに事務系だと販売士他、技術系だと建築設備士他さまざまな資格があり、取得していくことで仕事の幅が広がり、収入のアップにもつながります。

在学中の経験がスキルに

例えば大学在学中に海外留学の経験がある人はその経験と語学力を買われ、海外事業所に配属されることもあるでしょう。

4年間部活動やサークル活動で努力してきた人は協調性やコミュニケーション能力が認められ、プロジェクトチームの一員に抜擢されることもありえます。

このように学生時代に打ち込んだことで得られたものがそのままスキルとして生かされることが十分にあるのです。無為に4年間を過ごさないように自分なりのスキルを磨ける場を見つけましょう。

専門学科で得た知識をそのまま生かせる

大学での専攻をあまり生かせずに職業に従事する人も少なくない中、住宅設備メーカーの技術職の社員は皆、学科で得た知識や技術をダイレクトに使って働くことができます。

大学での研究や実習を疎かにすることがないようにしましょう。