女性の住宅設備メーカー社員

圧倒的に少数派

住宅設備メーカーに限らず、建築業界で働く女性は圧倒的に少数派なのが現実です。

事務系の大半を占める営業職においては休日返上で勤務にあたることも珍しくなく、商談が勤務時間を大きく超えることもあるため、結婚や出産を機に離職してしまう人がほとんどです。

技術系分野においては理系出身者で構成されているため、そもそもの絶対数が少ないのが現状です。

採用の際に女性が不利というわけではありませんが総合職で定年まで勤めあげる人は決して多くないのが正直なところです。

女性の活躍が求められる部署はある

前項と矛盾するようですが、住宅設備メーカーには女性の活躍の場がないわけではありません。

たとえば中心となって商談を行う営業担当の補佐として事務処理を中心に、顧客へのプレゼンをしたり、営業担当が通常ではできないような細かいPR活動を行ったりする「PR」専属の営業職を設けているメーカーも増えてきており、女性が大いに活躍しています。

他にも、営業担当が普段回らない設計事務所や全国展開している商業店舗の本部への営業などを行う「市場開発」「市場開拓」というポジションも女性を主力としている会社が多い傾向にあります。

会社本部には女性職員も多い

会社本部では男性に比べて数は少ないとはいえ、多くの女性が活躍しています。

経理や人事といった一般的な事務職をはじめ、商品の企画やそのプレゼン資料を作る部署、カタログなど宣材を作成する部署など、女性の方が多い部署もあります。

転勤の可能性も低い上、チームでの業務なので休暇も取りやすく、女性が働く環境としては恵まれているといえるでしょう。

産休育休後の復帰がしやすい部署も

前項で述べた本社、本部工場の場合、産休育休取得後の復帰もスムーズです。出産後も継続して同じ会社に勤めるという考えがあるのであれば、出先の営業職ではなく、本社勤務をおすすめします。

ショールームは女性が主力

自社の製品を消費者に体感してもらうショールームは住宅設備メーカーにおいて大切な場。ショールームでの接客は女性が主力です。

残業もなく、家庭との両立もしやすいため、育児中の女性社員の受け入れ先としての機能を果たしている会社も多いようです。