住宅メーカー社員への転職、中途採用

中途採用にも積極的

住宅メーカーが抱える課題として離職率が高いということが挙げられます。大量に新卒者を採用しても3年後には3割程度しか残らないという会社もあるほどです。

足りなくなった人員を中途採用者で補充するため、転職者の活躍の場が多いというのがこの業界の特徴です。

求人情報を見ても新卒者の採用枠とは別に社会人採用枠が設けられていたり、転職歴不問と明記されていたりもします。

業種内での転職も多い

住宅メーカーでは同業種内で転職するケースが少なくありません。

会社側もこれまでのキャリアを生かしてほしいという期待が大きいため、住宅メーカーにおける転職に対するネガティブイメージは極めて低いものと考えていいでしょう。

有資格者として転職活動を

住宅メーカーへの転職を考える際、それまでのキャリアの証として資格を持っていることは大きなアピールポイントになります。

同業種からの転職の場合は然るべき資格を取得してからにすべきでしょう。

異業種からの転職の場合も営業や接客の経験は大いに役立てることが可能です。関連する資格を取得しておくとなおいいでしょう。

未経験からのスタートを応援する会社も

設計や施工管理といった専門的な知識や技術を要する生産担当であってもゼロから指導をし、資格の取得まで面倒を見てくれるところもあります。

ただし、その分やる気や情熱で貢献する必要があるのはいうまでもありません。

会社側も長く働いてもらうことを見込んで教育制度を充実させているという側面が大きいので、それに応える覚悟は必要不可欠です。

当然、選抜の際は、その辺りを厳しく見られていると考えていいでしょう。志望動機や自己アピール等で対策することをおすすめします。