住宅メーカー社員のつらいこと、大変なこと、苦労

営業はノルマとの戦い

住宅メーカーに限らず、営業職に従事する人に共通する悩みはやはりノルマでしょう。

かつて住宅メーカーの営業は月に最低でも1棟売らないと肩身の狭い思いをするようなことも珍しくありませんでした。

強いプレッシャーが原因で、心身に支障をきたし、仕事を継続できなくなってしまう人も多かったといいます。

現在では前述のような厳しさは弱まってきているとはいえ、営業には数値目標がつきもの。

達成できない時はその状況を打破するためにどのようなアプローチができるのか、改善できるところはないかといった振り返りが必要不可欠です。

上がってきた課題を定例の会議で発表し、共有することで会社全体の顧客獲得を目指します。大変な分、やりがいもあるのは事実ですが、離職率が高いのが現状です。

設計の自由には制限がある

住宅メーカーが販売する住宅は商品としてある程度決まったつくりになっています。その範囲内で設計担当が施主と打ち合わせをしながら図面を作成します。

つまり設計担当の創意工夫が100%生かされるわけではないということ。その点に物足りなさを感じる人も多いのが正直なところです。

実際、何年か住宅メーカーで経験を積んだ後、独立する人も多くいます。逆にメーカーに所属しないフリーの設計士が委託という形で図面作成を請け負っているケースもあります。

現場監督は多忙を極める

現場監督の苦労は列挙に暇がありません。まずは勤務時間が長く、休みが少ないことが挙げられます。早朝から現場に出向き、会社に戻って深夜まで書類作成に追われるのは日常茶飯事。

悪天候などで現場の進捗が悪いと長期間休みがとれないこともあります。

また膨大な仕事量に忙殺されることは必至です。

現場での調整や指示出しから、設計や施主との打ち合わせなど業務の内容が多岐にわたっており、常に仕事に追われているような状態で生活することになるといっても過言ではありません。

また何か現場で不都合が起きた時の責任をすべて負う立場であるため、時には理不尽な思いをすることもあります。

その分、完成時の達成感は筆舌に尽くしがたいところがありますが、気力と体力なくして務まらない職種であるといえるでしょう。