住宅メーカー社員の就職、求人、採用の状況

営業職は離職率が高い

住宅メーカーの営業職は新卒者を大量採用する傾向にあります。これは離職者を想定してのこと。多いときは入社3年以内に7割方が退職してしまうこともあるのが現状です。

そのため、採用人数を見てみると門戸が広く感じられるはずです。

大卒者は選択肢が多い

住宅メーカーの営業職は取り扱う商品が高額であり、取引相手も極端な若年層はいないことから、大学卒業を条件としている会社もあります。

住宅メーカーは規模や特色も多種多様。就職先を選ぶ際には自身の信念や理想に近しい会社を選びたいものです。

中には学歴不問としているところもありますが、大学を卒業していることでより多くの会社の中から応募先を選ぶことができるという利点があります。

生産担当は理系出身者多数

設計や現場管理といった生産担当の技術職はその特性から大学及び大学院で建築や土木などを専攻していたことを応募条件としている会社が散見されます。

知識や技術をダイレクトに生かす職種であるため、入社後即戦力として活躍するためにも関連の学部・学科への進学を考えましょう。

前述のとおり、学歴不問の会社もありますが選択肢を増やす意味で大学は卒業しておくのがベストです。

また学歴のみならず有資格者は優遇されるため、在学中にできるだけ資格は取得しておきましょう。

やる気や情熱を生かして

住宅メーカーによって求める人材は様々です。それぞれの会社の特色を知るためにも多くの求人情報にあたり、自身にあったメーカーをみつけるようにしましょう。

中には未経験者優遇、学歴不問といったところもあり、その分、やる気や情熱でのカバーを期待する会社もあります。

大卒であれば選択肢が多いのは言うまでもありませんが、転職者にも十分にチャンスのある業界であるといえるでしょう。