住宅メーカー社員に必要な資格、スキル

大卒資格は必須

高額の商品を扱うことになるため、相手にする客層が高いこともあり、大卒を応募条件としているところがほとんどです。

生産担当においては学部、学科の指定がある場合もあります。

新人のうちは資格取得よりも場数を踏むこと

住宅メーカーの社員として将来的に取るべき資格は次項以降で挙げることにします。とにかく新人のうちは現場で多くの経験を積み、先輩社員から学び取る姿勢が大切です。

特に営業の場合は知識ばかりが先行して経験に見合わないと、商談が上手くいかなくなるケースもあります。

まずは最低限の知識で誠意を持って客と向き合い、その中で足りないと感じる部分を資格の取得で補っていくというスタンスでいることをおすすめします。

もちろん、就職先から取得の指示が出た場合はこの限りではありません。

生産担当の場合、将来的に必ず取るべき資格がありますがいずれも実務経験が必須。現場経験と資格取得のための勉強が同時並行になります。

営業に必要な資格

不動産の売買に必要な資格として宅建(宅地建物取引主任者)の資格を取っておくとよいでしょう。

宅地建物取引主任者の仕事

その後、難関資格である不動産鑑定士、土地家屋調査士とスキルアップしていくとより責任ある立場を任されるようにもなるはずです。

不動産鑑定士の仕事
土地家屋調査士の仕事

また、ファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザー、不動産仲介士なども持っておくと金銭的な相談を始めとしてより幅広いサポートが可能になります。

設計に必要な資格

1級建築士および2級建築士の資格取得は必ず目指すことになるでしょう。

建築士の仕事

この受験資格として大学や短大、高専で指定科目を履修し、その後卒業した教育機関に応じた年数の実務経験が必要になります。

働きながらの受験勉強となりますが必須資格ですので数年間は努力を重ねましょう。

他、インテリアコーディネーターやライフスタイルプランナーといった資格も併せて持っておくと役立つことがあります。

現場監督に必要な資格

現場監督を務める人は建築士か建築施工管理技士の有資格者である場合がほとんどです。

これらの資格がなくても現場監督になることは可能ですが長期間にわたる実務経験が課せられます。