住宅メーカー社員として働くには(大学・学歴・学部など)

大学卒業は必須

住宅メーカーの募集要項を見てみると多くの会社が大卒者を求めていることが分かります。

住宅の購入を検討している客層はもちろん社会人。営業担当はこれらの人を相手に営業活動を行い、契約を取ることを目指すわけです。

消費者の信頼を得るためには成人していることはもちろん、高等教育を受けてきたという実績も含めて、信頼獲得の一助になります。

設計や施工管理を担当する技術職において大学での専攻を限定して募集する会社もあります。専門的な知識が不可欠な職種であるため、然るべきでしょう。

住宅メーカーを志願するにあたり、大卒の学歴は最低限必要であるといえます。

営業職は文理問わず

住宅メーカーの営業職は学部や学科を不問としているところが多い傾向にあります。

住宅に関する専門知識は入社後に十分習得が可能である場合がほとんどなので、まったく関係のない学問を専攻していた人でも目指すことができるといえるでしょう。

また住宅メーカーの営業職は他業界と比べて比較的、学歴がものをいう世界ではありません。

いくら偏差値の高い大学の出身であっても営業成績が悪ければ給料も伸び悩みます。一方で大学名ではそれほどでなくても契約がとれる社員は重宝され、出世していくでしょう。

在学中はゼミナールや部活動、課外活動などで他者と良い関係性を育む努力をし、営業職に必要なコミュニケーションスキルを高めておくことをおすすめします。

ただしやはり建築や土木を専門とし、入社前からある程度の知識を持ち合わせている人は選考時に大きな強みになります。

技術職を目指す人は理系に進学を

住宅メーカーで設計や現場監督の職に就くことを希望している人は理系学部を卒業し、各種資格を取得しておきましょう。

理系の中でも特に建築や土木が専門である人は採用時に大きなアピールポイントになるだけでなく、大学での学びを就職後に生かすことができます。

募集要項にも「建築、土木を専攻している者が望ましい」といった趣旨の文言が明記されている会社も多く、中には部署ごとに学部、学科を指定している会社もあります。