獣医師のやりがい

苦しんでいる動物を助けられる

獣医師はさまざまな場所で活躍していますが、動物病院で診療にあたる獣医師にとって最もやりがいを感じる瞬間は、病気に苦しんでいた動物を元気にすることができた時でしょう。

言葉を話せない動物だからこそ、診療する際の苦労はとても大きいです。しかし、獣医師はしぐさや表情などから動物の異常を汲み取り、自分の持つ知識や経験を総動員させて問題を解決していきます。

まるで難解なパズルを解くような気持ちになることもありますが、苦労した分だけ、うまくいった時の喜びや感動は大きなものとなります。

そして、目の前の動物が元気になっていく姿を見ることこそが、獣医師にとって「また明日もがんばろう!」という原動力になっています。

専門分野を発揮して社会に貢献できる

私たちはつい、獣医師とは動物の幸せだけを追求したり、動物とばかり接しているように考えてしまいがちですが、実は人間や社会とも深くつながっている仕事です。

まず、動物病院であれば必ず飼い主がペットを連れてきます。獣医師の力によって動物が元気になれば、飼い主はものすごく喜びますし、獣医師に対して「ありがとう」と言ってくれます。

動物が元気になれば、飼い主も、周りのスタッフも、みんなが喜ぶ。そのような場面に出会えることは、本当にうれしい瞬間です。

一方、動物病院だけでなく、動物園や水族館などの公共施設、さらには家畜の現場や保健所などで、動物の健康状態を管理したり、伝染病を防いだり、安全な食肉が流通しているかどうか検査する獣医師もいます。

普段、私たちはこういった役割を担う獣医師をあまり目にすることはないでしょう。しかし、動物に関する専門知識を発揮することで、人の暮らしを豊かにしたり、社会に貢献している獣医師が多くいるのです。

自分の仕事に誇りを持ち、「社会の役に立っている」という実感が味わえるのも、専門職である獣医師のやりがいです。