獣医師の役割

さまざまな動物の診療を行う

獣医師は、人間以外の動物の診療を行う仕事です。

動物というと、犬や猫のように私たちにとって身近なペットを想像するかもしれませんが、他にも牛、豚、鶏などの家畜動物をはじめ、動物園や水族館で暮らす生き物、競馬に出場する大きな競走馬、さらには保護が必要な野生動物まで、実にさまざまな動物を相手にします。

獣医師は、人間の診療を行う医師や看護師、また弁護士や税理士などと同様に国家試験を受け、獣医師免許を取得することが求められる仕事です。

獣医師免許を持たない人が「私は獣医師です」と名乗ったり、獣医師としての仕事をすることは法律で禁じられています。

家畜に携わる獣医師

ひとことで獣医師といっても、前述したように相手にする動物の種類はさまざま。また、活躍の場も異なっています。

一般的な動物病院で働き、小型のペットを診療する獣医師は「臨床獣医師」と呼ばれます。患者である動物に対して必要な診察や治療を行うことで、動物の健康を手助けしたり命を救ったりします。

世間では、この臨床獣医師にばかり注目が集まりがちですが、獣医師は「動物の診療や保健衛生指導などを通して、動物の保健衛生、畜産業の発展、公衆衛生の向上に寄与すること」といった大きな使命を持っています。

その中でも獣医師の原点といえるのが、家畜動物を相手にし、農林水産分野で活躍する獣医師です。

私たちが今、当たり前に口にしている牛肉や豚肉は、どれも健康な牛や豚からできあがったものです。

もし家畜動物が伝染病にかかってしまったら、畜産で生計を成り立たせている農家さんたちは致命傷を追いますし、人間にも多大な影響を及ぼす可能性があります。

こういった伝染病を未然に防ぐためにも、家畜衛生分野に精通する獣医師の存在が不可欠となっているのです。

公衆衛生などの分野でも活躍

「公衆衛生獣医師」と呼ばれる獣医師もいます。

流通しようとする食肉に問題がないか検査を行ったり、捨て犬や捨て猫などの動物愛護に携わったり、狂犬病のような動物と人間に共通する感染症の対策を練ったりします。

また、動物園や水族館などで動物の健康チェックや治療を行うためにも獣医師は必要ですし、NPO法人などで希少な野生動物の保護に携わる獣医師もいます。

私たち人間は、地球上でさまざまな動物と共存、共生しています。獣医師は、ただペットの病気を治すだけでなく、動物と人間が安心して生きられる社会をつくっているといえるでしょう。