獣医師の需要と求人・採用募集状況

獣医師の必要性

長らく続くペットブームの影響を受け、ペットの診療を行う動物病院を利用する人が増えてる現代社会。

総合診療ができる「臨床獣医師」に注目が集まっており、今後もこの分野で働く獣医師は安定した採用募集が続くと考えられます。

その一方で、いま、公衆衛生、動物愛護、医薬品開発など、臨床以外の業務に携わる獣医師の必要性が、より大きく訴えられるようになっています。

食品の安全性確保に対する社会的ニーズの高まり、動物と人間共通の感染症対策、また畜産業の発展に貢献する役割を担う専門家として、獣医師に対する期待が高まっているのです。

現在、獣医師を育成する大学では臨床以外の獣医師育成にも積極的に取り組んでいたり、各職場においては獣医師の労働環境や待遇の改善などを図るなど、さまざまな動きがとられています。

この先、公務員や民間企業等で働く獣医師の需要はますます高まっていくことが予想されるため、これから獣医師を目指す人は、臨床以外の仕事にも、もっと目を向けていくことも必要といえるかもしれません。

なお、獣医師免許は誰でも簡単に取得できるものではないため、獣医師免許があれば、獣医師として別の職場に転職もしやすいとされています。社会的地位は高い仕事だといえるでしょう。

自分の「志」が第一

ただし、いくら社会で需要がある仕事でも、自分が「仕事を通じてこれを成し遂げたい、こうなりたい」といった志を持てなければ、長く続けていくことは難しいです。

この仕事は、楽しいことよりもつらいことのほうが多いかもしれません。

とくに獣医師の新人時代は雑用からスタートするのも当たり前ですし、休む間もないほど時間に追われる多忙な毎日、動物の血液や排泄物にまみれた環境、そして動物の死にも直面するなど、ただ動物を「かわいい」とは言っていられないほど大変な環境です。

それでも、多くの獣医師が全力でこの仕事に向き合っているのは、それだけやりがいのある仕事だということです。

自分の力で動物を救うことができたり、自分の仕事が社会に役立っているのだと実感できるまでがんばれば、きっと大きな充実感に包まれることでしょう。

獣医師になりたいと思っている人は、その素直な気持ちと強い覚悟を持って、素晴らしい獣医師になるための道を歩んでほしいものです。