獣医師の面接

獣医師の面接とは

獣医師になるためには、まず獣医系大学に入学し、6年間学ぶ必要があります。獣医学過程を持つ大学は国立・公立・私立あわせて全国に16大学あり、これらの課程を修了することで獣医師国家試験の受験資格が得られます。

獣医師を目指す人はたくさんいるものの、獣医系大学そのものの数が決して多くないこと、また特に国立大学の獣医師養成課程は規模が小さいことなどから、非常に狭き門となっています。

大学によっては、医学部の偏差値以上を求められることもあるほどです。

そのため、獣医系大学の受験生は必死に勉強を続けて合格を目指すわけですが、少しでも合格の可能性を広げるために、一般入試のみならず、推薦入試やAO入試なども積極的に受ける人が多いようです。

推薦入試やAO入試の場合、試験内容の一部として基本的に面接が実施されており、その出来具合が合格を大きく左右することもあります。

また、国立でも北海道大学獣医学部のように、後期試験では筆記試験に加えて面接が行われ、合格の判断材料の一つとしているところもあります。

では、これらの面接では、いったいどのようなことが問われているのでしょうか?

面接で問われること

面接で聞かれる内容はさまざまですが、全体として「本当に獣医師になる覚悟があるか?」といったことを確認する場として考えられているようです。

獣医師になるのは、簡単なことではありません。勤務時間の長さによるハードワークや、動物の死に直面することもあるなど、「ただ動物が好き」という気持ちだけでは続かない厳しい仕事でもあります。

こういった事実も理解していなければ、いざ難関を突破して大学に入れたとしても、学んでいく途中で「思っていた姿とは違う」となり、夢を諦めてしまうことにもなりがちです。

ですから、大学側は面接を通して受験生の志望動機などを聞くことで、本人が獣医師に対してどれだけ強い思いを持っているのかや、仕事内容に対する理解度などを確認しているのです。

そのため、受験生は仕事について調べ、志望動機をしっかりと考えておく必要があるでしょう。

「何となくカッコいいから」といった曖昧なものではなく、きちんと目的意識を持っている人であれば問題はありません。

また、動物病院で病気の動物を救うばかりが獣医師ではありません。公務員として食肉検査や公衆衛生などに関与する獣医師、研究職としての獣医師など、さまざまな方面で活躍している人がいます。

「動物実験についてどう思うか」という質問がなされることもあるようです。病院で、動物を救うばかりが獣医師の仕事ではないという仕事の実態を自分なりに理解しておくことも大切です。

獣医系大学の試験は面接だけで合否が決まるわけではないですが、面接が実施される場合、重要視されてることは間違いありません。きちんと対策をしておくことが必要といえるでしょう。