獣医師の勤務時間・休日

勤務先によってさまざま

獣医師は街の動物病院だけでなく、自治体や企業などさまざまな場所で活動しており、勤務する場所ごとに勤務時間も休日も異なります。

国家公務員や地方公務員として働くのであれば週休2日が基本となりますし、製薬会社などに所属して働く獣医師の場合は、一般的なサラリーマンと同様に土日祝日が休日となることが多いようです。

また、動物園や水族館などで働く場合は、基本的に休園・閉園時間に合わせたシフトで働くことになります。

動物の出産時など、夜間の緊急対処が必要なこともありますが、比較的安定して休日をとることができるといえるでしょう。

公務員であれば、残業をしてもその分の残業代はしっかりと支払われること、また休暇制度なども整っているため、働きやすい環境といえるかもしれません。

動物病院の獣医師はとくに忙しい

獣医師の中でも、勤務時間や休日が不規則になりがちなのが、個人開業の動物病院で働く場合です。

朝は開院前の8時頃に出勤します。一般的なサラリーマンとあまり変わりませんが、帰りは普段から遅くなりがちで、1日12時間以上、日によってはほぼ徹夜状態で勤務するようなこともあります。

また、休日は病院の休診日となりますが、「週1日だけ」というところも多いため、かなりハードな日々を送ることになるでしょう。

基本的に動物病院は小規模のところが多く、獣医師が一人やほんの数人で働くことも珍しくありません。そうなると、「交代で休む」といったことがしづらいいった面があるのです。

また、手術は診察時間後に行うことが多いため、ミーティングなど含めれば、どうしても帰宅は遅くなってしまいます。さらに、急患も受け入れる病院では休日返上で働くこともあります。

動物病院によっては手厚い待遇が保証されているものの、かなりの激務になる可能性もあります。

休日の過ごし方

しかし、年中働き尽くしというわけではありません。急患が入らなければ予定通りに休日がとれますし、たまの休みには旅行に出かけるなど、「休める時は思いっきり楽しむ!」といった考えの人が多いようです。

獣医師は仕事中に気を張り詰めなくてはならない瞬間も多いため、少しの休みを上手に使ってリフレッシュする癖が自然と身に付くのかもしれません。

一方、向上心があって研究熱心な人が多いことも獣医師の特徴。休日を使って動物医療に関するセミナーや学会に足を運んだり、自分で専門書を読んで知識を磨く人も少なくありません。

獣医師になれば、毎日があっという間に過ぎていくと感じるほど忙しい日々になるかもしれません。

しかし、「動物たちを守りたい」という思いを強く胸に思い続けていけば、そんな忙しさもやりがいだと思えるようになるでしょう。