樹木医の活躍の場・就職先

試験を受けるには実務経験が必要

そもそも、樹木医資格審査を受けるには学歴が不問である代わりに、関連業界で7年間の実務経験が必要であるため、審査を受ける時点ですでに実績を持っているということになります。

したがって、樹木医資格は造園会社や研究機関などに入職し、経験を積んだ後に取得するものであると考えておきましょう。

そのため、現在活躍している樹木医のほとんどが関連業界で仕事をしながら、審査のための勉強をし、資格取得後も引き続き同じ会社や機関で勤務している場合が多いといえます。

樹木医補の就職活動

樹木医資格審査の受験には学歴不問であるのは前述の通りですが、全国には樹木医を志す人が集まる大学や専門学校などの教育機関があります。

このような場所で学ぶ優秀な人材を確保し、樹木医界を活性化させるために平成16年に「樹木医補」資格が新設されました。

この資格は指定教育機関で所定の単位を取得した学生に付与されるものです。

樹木医補の資格を所持している人は樹木医資格審査受験に際して、従来7年間必要であった実務経験が1年間ですむようになりました。

この新制度によってそれまで中高年の男性受験者がほとんどであった樹木医資格審査に若い世代も挑戦するチャンスができました。

この資格を所持していることは樹木に関する専門的な学習をしてきた証明にもなるため、関連業界への就職活動の際、大きな強みになると考えられます。

また、教育機関で専門教育を受けることで教員免許等の様々な資格取得を目指すことができるため、職業選択の幅を広げることができるでしょう。

活躍の場として研究機関や教育機関を考えている人はこの経路で樹木医を目指すことをおすすめします。

造園業従事者にとってはスキルアップ

樹木医資格がいわば業界人のための資格であるという側面があることは前述の通りです。

中でも造園業に従事する人にとって、樹木医資格の取得は大きなスキルアップにつながるものであるといえます。

たとえば、個人宅の庭園管理を請け負った際に樹木のトラブルを見つけた場合、樹木医資格を所持していれば、専門的な対処ができるでしょう。

結果、顧客の信頼を得、業績アップに貢献することができます。

このように、企業にとっても樹木医が常駐していることのメリットは大きいため、造園会社の中には樹木医資格の取得を推進し、バックアップしてくれるところもあるようです。

また、樹木医資格は業務の幅を大きく広げるだけでなく、独立や転職などのスキルアップを考える際にも大きなアピールポイントになるでしょう。

樹木医の知識や技術が研究に生かされる

樹木医の中には大学などの研究機関に所属し、樹木の生態等の研究に従事している人もいます。

人間や他の動物同様に、疾病にかかった樹木に適切な処置をし、健康な状態に戻すべく、日々地道な研究活動を行っています。

疾病の原因や対処はその都度異なり、ときには究明に長い時間を要することもあるため、心身ともに苦労の多い職種といえますが、樹木のよりよい生育のために樹木医としての知識や技術を生かせることに多くの研究者がやりがいを感じています。

中には、植物園や庭園に常駐し、日々樹木の様子を観察しながらトラブルを未然に防いでいる樹木医もいます。

別に本業を持つ人がほとんど

樹木医として独立開業するケースは、現状多くはありません。

前述のような本業の傍らで依頼があった場合に樹木医として従事するという働き方をしている人がほとんどであると考えていいでしょう。

通常、造園業などの日常的に樹木を取り扱う業種で働いていて、その業務の一環で木を診断・治療をする方が多いようです。

自治体単位で活躍する樹木医

造園業や林業に関わる団体、その分野を担当する公務員が樹木医資格を取得するケースが多く見られます。

このような場で活躍する樹木医は診断・治療を施すだけでなく、緑地の造成など、新たに樹木を育成し、保護する分野で実力を発揮しています。

私たちの生活において樹木の存在は大きく、欠かすことのできないものであることは周知の事実です。

公園や道路、学校などの公的な場所にどのように緑を増やしていくかを考える際に樹木医の専門的な知識が必要とされるのです。