樹木医認定制度の難易度・合格率

学歴不問、実務経験が物を言う

樹木医の資格審査を受験する際、学歴を問われることはありません。

したがって、樹木医を志した年齢が高くても改めて学校に通いなおす必要がないので、費用の面での心配は比較的低いといえるでしょう。

しかし、審査を受けるためにまったく条件がないわけではありません。

学歴が不問である代わりに樹木の保護・管理・診断・治療等に関する実務経験が7年間必要なのです。

具体的には

・大学、研究所の教職員、研究員
・国、地方公共団体の農林、緑化関係職員
・農林業、緑化関係の公益法人、会社などの役職員
・農林高等学校、専門学校の教職員
・造園業、植木生産業、農業、林業

などの従事者等の職に就いていた人が該当します。

他職種から樹木医を志す人にとってはこの7年間という期間が高い壁になるでしょう。

「樹木医補」資格の設置

樹木医の資格はもともと関連業界に従事していた人がスキルアップのために取得を目指すという側面が色濃く、受験者も中高年の男性が大半を占めていました。

そのような中、戦後整備された街路樹の老化などから樹木医の需要が高まり、より多くの優秀な人材を獲得すべく、平成16年に「樹木医補」の制度が新設されました。

この制度は指定教育機関で所定の単位を取得した学生を樹木医補として認定するものです。

樹木医補の資格を取得していれば、1年間の実務経験で樹木医資格審査の受験が可能になります。

この制度により、樹木医を志す学生が増加し、若い世代が資格試験に挑戦できるようになりました。

「樹木医」は合格率20%の難関資格

樹木医になるには日本緑化センターの主催する樹木医資格審査を突破しなければなりません。

この審査の合格率はおよそ20%と低いため、樹木医資格の取得は難関であるといっても過言ではないでしょう。

審査を受けるためには7年間の実務経験(樹木医補は1年間)が必要なのは前述の通りです。その上で年に1回開講される2週間程度の研修を受講し、その中で筆記や面接の審査を受けるという運びになります。

研修の受講者数は120名と決まっているため、選抜試験が実施されます。審査まで到達するのも一苦労なのです。

研修中は16単元の科目が設置されており、それぞれに筆記試験が課されます。

研修の最終日には面接試験が行われ、樹木医としての適性が審査されます。これらすべてを加味した上で合否が発表され、毎年、25名ほどがこの狭き門を通過し、樹木医として登録されます。

ちなみに選抜試験には18000円、研修費としては65000円の費用がかかります。この他に教材費や交通費等もかかってきますので、費用の準備も怠らないようにしましょう。

樹木医は国家資格ではない

取得に大きな労力や時間がかかる樹木医資格ですが、実は国家資格ではなく民間の資格です。

しかし、この樹木医という職業名は、資格を取得した人しか名乗ることは許されません。いわゆる名称独占資格といったところです。

昨今の自然環境保護の高まりや観葉植物の普及により、メディアに取り上げられる機会も増え、社会的な認知度が急上昇しています。

民間資格であるとはいえ、この資格を取得していることは大きなアピールポイントになることでしょう。