塾講師のやりがい、魅力

生徒と向き合うことで自身も成長できる

塾講師として生徒と接していく中で時に意思の疎通が上手くいかず、心が通い合わないことに苦悩することはよくあることです。

学習指導においても自分が期待するほど生徒の理解度が深まっていないことに焦りを覚えることも珍しいことではありません。

しかし、実は講師としてこのような壁にぶつかることこそ教育者としての醍醐味であるということができます。

どうすれば相手に伝わるのか、ということに常に真摯に向き合い、日々試行錯誤しながら生徒に向き合っていく中で気づかないうちに自分自身が大きく成長していることに気付いたとき、塾講師という仕事の魅力を再確認できるはずです。

生徒の成長が何よりの報酬

自分が担当した生徒の成績向上や志望校合格などの目に見える結果を聞いた時こそまさに講師冥利に尽きる瞬間であるといえます。

もちろん、生徒と日々関わっていく中で成長を感じる瞬間は度々訪れるものであり、それが講師の日々のモチベーションを支えているのは間違いありません。

しかし、前述のような目に見える成果は何より生徒自身に大きな誇りと自信を与えます。その姿を見るために講師を続けているという人も多数いることでしょう。

実際に生徒から感謝の気持ちを伝えられたときの喜びは何にも代えがたいものであるということができます。

講師自身の誇りや自信は生徒によって与えられるものなのです。

保護者からの声が日々の糧に

生徒の成長が講師にとって一番の喜びであることは前述のとおりですが、その学業面での成長が家庭生活においても見られることがあり、保護者から嬉しい声が聞かれることもあるようです。

たとえば成績が向上したことにより予習・復習の重要性に気付いた生徒自身が誰に言われるでもなく進んで机にむかうようになったなど、塾ではわからない家庭での変化を保護者が講師に伝えてくることがあるということです。

自身の目の届かない場所でも指導が実を結んでいることを知ることは講師にとって大きな励みになるといえます。

先輩からの声掛けを力に

塾講師はほとんどが未経験からスタートしているため、なりたてのころは苦労も多く、先輩講師から指導を受けることも多いのが正直なところです。

それをつらく感じたり、ときには辞めてしまいたいと感じたりする人も多いでしょう。

しかし、経験を積み、前向きに努力することでスキルを向上させることができるのが塾講師のやりがいであるとも考えられます。

自分では気づかなくても周囲で見ている同僚や先輩からの声掛けで指導者としての成長を実感できたとき、それまでの苦労も吹き飛んでしまうと考える人も多いことでしょう。

学習以外での生徒との関わり

塾講師と生徒との関係性は学習指導によって成り立っているものですが、そこで深い信頼関係が生まれると学習以外の話ができるようになってきます。

進路の相談を始め、学校や友人のことなど生徒が自身の内面について話し始めたとき、生徒が講師を信頼できる大人として認めたということがわかります。

これは講師にとって大きな喜びであるといえるでしょう。

もちろん、生徒と講師との関係は対等ではありません。講師には節度ある適切な距離感で生徒と接することが求められます。

それを踏まえた上で生徒と強固な信頼関係が築けたとき、相乗効果として学習面での効果も期待できることがあるのです。