塾講師の求人、採用募集状況

求人が豊富な職種

塾講師はインターネットを始めとする各種媒体で比較的容易に求人情報を得ることができる職種です。

全国的に広く募集があるため、希望の勤務地域で求人をみつけることも大いに可能であるといえるでしょう。

教員免許がなくても大丈夫

塾講師は意外にも未経験者を歓迎する職種であるといえます。

それまで人にものを教えたことのない人であっても、やる気と情熱さえあれば積極的に採用してくれるはずです。

大学を卒業していることは必須条件ですが、教員免許の有無は問われません。

もちろん、講師や教師経験のある人、教員免許を持っている人は採用の際の大きなアピールポイントとなり、優遇される可能性が高くなります。

非正規雇用が主戦力

塾業界で活躍する講師のうち、半分以上がアルバイトや非常勤などの非正規雇用者であるという現状があります。

前述のように求人が豊富な業界ではありますが、必ずしも正社員として登用されるとは限らないことを覚悟しておくべきでしょう。

もちろん、非正規雇用であっても働きぶりによっては正社員に推薦されることも珍しいことではないため、自身のスキルの向上を考えた上でも、地道に努力を重ねていくことは決して無駄なことにはなりません。

また、社員になると、講師業のみならず管理職としての業務を任されることも増えてくるため、あえて非正規のままでいるという講師もいるようです。

また、非常勤講師として複数の塾を掛け持ちすることで収入増を目指す人もいます。

応募前に確認すべきこととは

数ある塾講師の求人の中から希望の勤務先を決める際、必ず見ておきたいのがその塾の方針と授業形態です。

収入や勤務地に目がいきがちなのは当然のことではありますが、塾講師の場合、それだけで志願先を決定するのは危険です。

塾にはそれぞれの教育方針があります。難関校合格を目指させる、内申点の向上を目指させる、偏差値を10アップさせるなどといった謳い文句がどの塾であっても必ずあるはずです。

これをまず始めに確認し、自身の目指す学習指導と合致しているかどうかを判断します。

たとえば、成績下位層の生徒の基礎学力向上に寄与したいと考えている人が、難関校受験対策に特化した塾に入社したとしても、方針が合わずに早々に離職してしまうでしょう。

次に授業形態の確認も忘れないようにしましょう。

塾には大きく分けて個別と集団といった二つの授業形態があります。一言で授業といっても両者の性質は大きく異なるものです。

この二つの授業形態をよく理解し、自身に合った指導方法をとっている塾はどちらなのか、しっかり考えておきましょう。