塾講師邊見 真衣子さん

埼玉県出身。外国語学部卒業。大学在学中に栄光ゼミナールで講師のアルバイトを経験し、2012年4月、株式会社栄光へ入社。個別指導専門塾「ビザビ」北千住校の室長を務める(2017年3月時点)。

座右の銘:元気があれば何でもできる

HP:栄光ゼミナール個別指導【ビザビ】

邊見さんが塾講師を目指したきっかけを教えてください。

もともと教育に興味があり、大学時代には2年半、栄光で講師のアルバイトをしていました。「人に勉強を教える」ということが好きだったんです。

最初は中学校の先生になろうと考えていて、教員免許も取得しました。

でも、教育実習を経験するなかで「学校」と「塾」はそれぞれ役割が違って、子どもとの関わり方もずいぶん異なるということに気付いて。

そんな出来事を経て私が本当にやりたいことを実現できる場は塾だと気づき、大学卒業後に栄光へ入社しました。

学校と塾では、具体的にどのような点が違うと思ったのですか?

学校の先生の場合、学習指導以外にも日々やることがたくさんあります。

たとえば、学校行事の企画や運営、部活動の指導、生活指導など、さまざまな業務をこなさなくてはなりません。

教育実習を経て、学習そのものに関わる時間は、おそらく全業務の2割程度ではないかなと私は感じました。

また、学校は「勉強をする場」というだけでもなく、いろいろな家庭環境で育ったお子さまが集まっています。

そういう場所でたくさんの子どもたちを支えるのは、当時の自分には難しいと思ったんです。

教育実習を担当していた先生も、悩んでいる私に「もう少し幅を広げて教育に関わることを考えてみたらどうか」とアドバイスをくださいました。

その言葉が大きな転機になり、民間の教育サービス業に目を向け、本格的に就職活動を行いました。

現在のお仕事内容を教えてください。

私が働いている「ビザビ」というのは、栄光が運営する塾のなかでも個別指導の専門塾で、小学校1年生から高校3年生までを対象としています。

私は、入社してからまず「教務主任」という形で、室長のサポートと授業をメインで行っていました。

現在は「室長」という役割を担っているので、指導以外にも保護者さまとの面談、近隣の中学校や高校の先生とのコミュニケーション、教室の時間割設定、人材育成などに携わっています。

現在は「室長」とのことですが、どのような経緯でこの役職に就いたのですか。

当社は、社内試験に合格することで役職がつくシステムになっています。私は2015年度に1年間かけて室長(責任者職)になるための試験を受けて、2016年度から室長になりました。

新卒入社5年目で室長への昇格というのは、早いほうなのでしょうか?

キャリアアップのための社内試験を受けるきっかけは、本人が自ら手を挙げるケースもあれば、周囲から推薦されてというケースもあります。

本人のキャリアについての考え方もあるので、単純に早く昇進することが良いというわけではないと思いますが、私はタイミングとしては早いほうだとはいわれています。