塾講師の1日

一日の流れ

11:30 出社準備

塾講師の勤務は午後開始であるため、午前中は自由に使えます。

13:00  出社

まずは予定を確認します。個別塾の場合は担当生徒を確認し、指導計画を立てます。

13:30 講師ミーティング

生徒や保護者に関する情報を講師全員で把握します。その他、この時間は配布物や連絡事項の確認、新人指導等にも使われます。

14:30 保護者との面談

現在の子供の状況や塾での様子を伝えます。保護者からの相談がメインになる場合も多いです。

15:30 休憩・軽食

授業に備えてリフレッシュします。この時間を逃すと食事の時間がとれないため、軽く食べ物を口にします。

16:30 授業で使用する教材の準備

プリントや小テストの印刷などを行います。

17:00 通塾時の安全指導

生徒が通塾してくる時間帯には教室の周囲や入り口周辺に立って声かけを行い、安全に教室へ誘導します。帰宅時も同様です。

17:30 授業開始

生徒の反応を見ながら教科指導を行います。

20:30 補習

定期テストや入試が近い場合、対策を行います。個別に質問にくる生徒の対応をすることも。

21:30 生徒の見送り・帰宅時の安全指導

学習指導だけではなく、生徒と信頼関係を築くためにコミュニケーションを取ることが大切です。

21:40 小ミーティング

その日の出来事や生徒たちの様子を報告しあいます。場合によっては保護者に電話連絡をいれることもあります。

22:00 教室の片付け・明日の準備

この後、教材研究を行ってから退社する講師も多いようです。

23:00 退社

退社が終電間近になってしまうことも珍しくありません。

出勤は午後から

塾の稼働時間は生徒たちの学校が終った後の夕刻から夜にかけてであるため、講師の出勤はお昼過ぎになります。

他の職業に比べてゆっくりの出勤であるため、工夫すれば午前中を自分の時間として活用することも不可能ではありません。

しかし、終業時刻は深夜になることも珍しくないため、教材研究の時間を考えると出勤日に余暇活動を行う余裕はほとんどないといえるでしょう。

睡眠や食事の時間を確保しづらいといったデメリットもあるため、慣れるまでは苦労するかもしれません。

また家族や友人と生活時間が異なり、すれ違いの日々を送ることに戸惑う人も多いようです。

繁忙期は休日返上

塾の繁忙期といえばやはり受験期間でしょう。この時期になると日曜日であっても特訓授業が入るため、塾講師は休日返上で働くことになります。

デリケートな受験生を相手にするため、体力のみならず精神的にもハードな時期であるといえるでしょう。

また正月やゴールデンウィークといった一般的な休日にも特別授業が入るため、一般的な職業に就いている人と休日が異なる場合が多いです。

空いた時間は生徒対応

塾講師の業務の中心が授業であることはいうまでもありませんが、生徒との関わりが学習指導の場のみというのでは不十分です。生徒との信頼関係を築くためには空いた時間に積極的な声掛けを行っていくことが必要不可欠です。

その結果、生徒の学習意欲が向上し、授業で良い成果が生まれることは珍しいことではありません。

もちろん、講師と生徒とは対等な関係ではないため、適切な距離感で接していくことが求められます。

その上で人生の先輩として学習以外の話をしてあげることも生徒にとって良い経験になるでしょう。