アルバイトの塾講師

アルバイトも立派な戦力

塾によって差はありますが、勤務している講師のうちの半数以上がアルバイトを始めとする非常勤講師であるというのが平均的な現状です。

つまり、アルバイト講師はこの業界を支える大きな戦力であるといっても過言ではないということができます。

アルバイトの多くは現役大学生が占めており、生徒にとっても年の近い先生から受ける指導は大きな励みになっています。

アルバイトの中には大学生以外にも副業として働く社会人も活躍しています。

時給は高く見えるけれども

塾講師の求人を見てみると他のアルバイトに比べて高時給であることに驚くかもしれません。

実際、この条件に飛びついて応募してくる人も多いようですが、塾講師の「時給」は注意しておく必要があります。

というのも、アルバイト講師の時給は一般的なアルバイトのように「1時間」ではなく、「1コマ」で発生することもあるからです。

1コマは60分とは限らない上、授業に臨むにあたり、その何倍もの時間を予習や教材研究に費やす必要が生じます。

とくに新人のうちは1コマの授業準備に1日かかるという場合もあるほどです。

また授業直前に出勤し、終了直後に退勤できるわけでもないため、拘束時間が長いということも覚悟しておきましょう。

このように、時給が発生しない時間のことを考えると、考えているほど楽に稼げるアルバイトというわけではないと感じるはずです。

「個別」か「集団」か

塾における授業スタイルは講師と生徒が1対1、もしくは1対2など、非常に少数で行われる「個別授業」と、いわゆる学校の授業のような形をとる「集団授業」とにわかれます。

このスタイルの違いは、教える立場からすると、大きく異なるものであるため、その特性をよく理解しておく必要があるでしょう。

まず、前者の場合、比較的理解のスピードが遅かったり、学習に対してコンプレックスを持ったりしている生徒が受講する傾向があるため、きめ細やかで粘り強い指導力が求められます。

授業の難易度からするとそれほど高くない場合もありますが、それ以上の難しさがあるともいえるでしょう。

後者の場合は複数の生徒を相手にするため、一定のスピードと確実な到達点のある授業展開が求められます。

また、生徒の授業態度等、学習面以外でも指導を加える場面が多いのも集団授業ならではの特徴です。

授業の難易度もまちまちであり、個別と違って進度を講師側が設定する必要があるため、綿密な授業準備が必要であるといえるでしょう。

賃金で見てみるとやはり、集団授業の方が金額が大きく設定されていますが相応の負担があることは前述の通りです。

塾講師のアルバイトに応募する際はこのあたりを必ず確認することをおすすめします。

アルバイトの域を超える責任が生じる

どのようなアルバイトであっても賃金が発生する以上、相応の責任が生じることはいうまでもありません。しかし生徒にとっては正社員であろうがアルバイトであろうが「先生」は「先生」です。

経験が浅かろうがベテランであろうが生徒や保護者の率直な意見を受けて常に自身の指導方法を顧みさせられるのが塾講師の醍醐味でもあり、つらいところです。

もちろん、新人講師にはそれなりのフォローがあるとはいえ、アルバイトだからといってこの負担が軽減されるということはありません。

強い責任感や使命感がない人には務まらないアルバイトであるといえるでしょう。

一方で、塾講師の仕事に対する強い想いがあり、実績を積んでいれば、アルバイトから正社員に登用されることもあるようです。