情報システム(社内SE)のやりがい、魅力

ユーザから直接感謝される機会が多い

社内SEは、簡単なパソコンの設定といったヘルプデスク業務から、新規のシステムの導入支援のためにユーザに操作手順を説明するなど、ユーザである社員と直接関わり、サポートする場面が多くあります。

それらのユーザ・サポート業務の中では、直接「ありがとう」と感謝されることも多く、自分がユーザの役に立っているという実感を得やすく、やりがいにつながるでしょう。

モノづくりの面白さを感じられる

社内SEは、単にシステムを設計、導入して終わりというわけではなく、その後も経営方針や技術動向、またユーザの声を活用、反映しながら、より良いシステムへと改善し続けることが求められます。

そのため、多くの制約や課題に直面しながらも、ユーザにとって、会社にとって本当に役立つシステムとはどのようなものかを追求するといった、モノづくりの面白さを感じることができます。

経験を積むことにより活躍の幅が広がる

勤務する企業の組織構成や、どのくらい外注するのか、また持っているスキルや立場などにもよりますが、社内SEとして携わることのできる業務範囲は、IT戦略やシステム企画といった上流工程から、実際のプログラミングや運用、保守業務まで非常に幅広くあります。

そのため、社内SEとして長く、さまざまな経験を積むことによって、最初はプログラミングなどの技術スキルだけであったとしても、その後プロジェクトマネジメントなどのスキル、そしてシステムの企画・設計といったスキルを身に着けることができます。

また、会社の業績向上を支援するためのIT戦略の策定といった、より高度なコンサルティングのスキルを身に着けることによって、単なる社内SEとしてだけでなく、より会社経営に責任のあるあるCIOといった経営幹部クラスや、その他にも同業他社への転職など、活躍の場を広げることも可能でしょう。