情報システム(社内SE)の仕事、業務内容

社内SEとは

情報システム部門の役割はは、自社内で使用する情報システムやネットワーク、アプリケーションなどについて、会社の経営方針や戦略に沿って、企画、開発をすることです。

また、それらを問題なく利用できるように、保守、管理、障害時の対応なども行います。

情報システム部門に所属するITエンジニアを「社内SE」と呼びます。

社内SEのの仕事としては、

・IT戦略の策定と情報システム企画
・情報システムの構築、運用、保守
・インフラの構築、運用、保守
・社員のITまわりに関するサポート・ヘルプデスク

などがあります。

社内SEの主な仕事内容

IT戦略の策定と情報システム企画

一般的に、企業活動を行うにあたっては、会社の方針に沿って、経営戦略や中長期計画が策定されます。

社内SEはそれらの会社の経営方針や戦略を実現するために、ITという観点から戦略を策定し、情報システムの企画、立案する役割を担います。

近年では、企業運営において業務の効率化を図るためにIT化がますます進められています。

たとえば、店舗だけの販売形態から、インターネット販売を導入する、企業間の取引業務も電子化するなど、経営方針や戦略にもITシステムは深く関わっています。

社内SEはそういったITシステムを企画するにあたって、業務フロー分析を行い、現場部門からヒアリングを行い、システム化の要件定義を行います。

情報システムの構築、運用、保守

情報システムを自社で内製する場合は、社内SEが設計、開発、テスト、導入を行います。

一方、情報システムを外注する場合は、外部のITシステム企業へ発注し、進捗管理などの調整を行います。

たとえば、社内で使用する基幹システムや業務システムなどについて、現場での利用状況や改善要望などをヒアリングし、要件定義やシステムの改善点などを検討します。

また外注の場合は、ITについて詳しくない現場のメンバーと外注先との間に入り、社内にある要望をベンダーにわかりやすく伝え、システムに反映してもらうように調整する重要な役割を担います。

インフラの構築、運用、保守

さまざまな情報システムが稼働する基盤となるインフラ、たとえばLAN/WAN、サーバ、ネットワークについても、社内SEがその設計、構築、運用、保守を担います。

サポート・ヘルプデスク

システムやパソコンの社内ユーザに対するヘルプデスク業務を行います。

社内で使用するツールやシステム導入時のセットアップや利用方法の説明、またソフトウェアやパソコンなど資産の管理、ユーザ管理などを行います。