情報システム(社内SE)の仕事、業務内容

社内SEとは 情報システム部門の役割はは、自社内で使用する情報システムやネットワーク、アプリケーションなどについて、会社の経営方針や戦略に沿って、企画、開発をすることです。 また、それらを問題なく利用できるように、保守、 … 続きを読む

情報システム(社内SE)の1日

業務形態、担当業務によってさまざま 社内SEの1日の仕事内容は、勤務する会社の業務形態や担当する業務によって大きく異なります。 たとえば、情報システムの要件定義、設計といった上流工程から、社内ユーザ向けのヘルプデスク業務 … 続きを読む

情報システム(社内SE)のやりがい、魅力

ユーザから直接感謝される機会が多い 社内SEは、簡単なパソコンの設定といったヘルプデスク業務から、新規のシステムの導入支援のためにユーザに操作手順を説明するなど、ユーザである社員と直接関わり、サポートする場面が多くありま … 続きを読む

情報システム(社内SE)の現状と将来性

ますます拡大する企業のIT化 企業のビジネス活動において、事業拡大にITを活用することは必要不可欠となっています。 このようなIT化の流れは今後もますます拡大し、これまでなかなか対応できていなかった中小企業や業界にまで普 … 続きを読む

情報システム(社内SE)の種類

組織の違いによる社内SEの業務 社内SEは、一般的に情報システム部門で働くことになります。 企業によっては社内に情報システム部門がある場合と、情報システム部門を子会社化してIT関連業務をそこへ任せているケースもみられます … 続きを読む

情報システム(社内SE)のキャリアパス

情報システム部門に所属する社内SEのキャリアビジョンとしては、最終的には情報システム部門の責任者やCTO(最高情報責任者)やCIOを目指すことが一般的でしょう。 それらを目指すにあたっては、社内SEに求められるキャリアや … 続きを読む

社内SEとIT企業のSEの違い

社内SEの良いところ 1つのシステムを最初から最後まで手掛けられる ITコンサルやシステム会社といった受託開発を行う企業で働く場合は、さまざまな顧客企業のシステムを担当します。 人が足りないといった理由でシステム構築の途 … 続きを読む