情報システム(社内SE)への転職、未経験採用

社内SEの求人件数は少ない

SIerなどのSEと比較すると、情報システム部門において社内システムを扱う社内SEの人数枠は限られています。

また、社内SEは勤め先にもよりますが、一般的に業務負荷が比較的少なく、安定して働くことができることから、離職率などもそれほど高くないため、社内SEの求人数は少ない傾向にあります。

またスキルを培ったSEから社内SEへの転職も多くなっており、転職の際の採用の難易度は高いとされています。

即戦力が期待される

どの職種でもですが、転職市場においては、即戦力が求められます。

企業が求める人材像にもよりますが、プロジェクトマネジメントなどの経験をもった人が優遇されるでしょう。

未経験者の採用を行っている企業は、未経験者を教育できるほどの人員の余裕がある大企業か、ベンチャー企業など情報システム部門が確立されていない状況の中で急いで人材を集めているケースもあるので、どのような教育環境かなどを事前で確認することも重要です。

また未経験の場合は、未経験であっても何らかの資格を取得しているなど、社内SEになるための取組みをしていないと、企業側もやる気や適性を判断しにくいため、事前に準備しておくことは必要です。

未経験者は簡単な業務から

未経験者の場合は、一般的にパソコンなどの設定やマニュアルに沿ってのヘルプデスク対応、ネットワークやサーバなどのインフラの死活監視といった簡単な現場作業から始めます。

そして、徐々にプログラミングといった技術スキルを身に着け、業務の範囲を広げながらレベルアップしていきます。

長期的なキャリアプランをもつことが必要

このように、未経験であっても社内SEとしてキャリアをつけていくことは可能ですが、ITに対して基本的な知識や強い興味がないと、実際の業務についてから苦痛を感じることもあります。

そのため、自己分析を行い、社内SEとしてどのようなキャリアを築いていきたいのかなどを長期的な視野にたってキャリアプランを整理しておくことは重要でしょう。