情報システム(社内SE)のつらいこと、大変なこと、苦労

間接部門のため評価されにくい

社内SEの業務は、会社の売上に直接結びつくわけではない間接部門となるため、導入したシステムによって、業務効率が改善したとしても、またユーザをサポートしてどれほど感謝をされていたとしても、目に見えた成果が分かりにくく、評価がされにくい仕事です。

そのため、モチベーションを維持しにくいと感じることも多いでしょう。

便利屋として使われやすい

社内SEは、たとえばヘルプデスクの業務では、パソコンが起動しない、ネットワークにつながらないなど、ITにはあまり詳しくない社員ユーザからのちょっとした相談にも迅速に対応することが求められます。

また、システムを改善していくにあたっても、ユーザである社員からの意見を聞き出す必要があるため、日常的にユーザとコミュニケーションをとり、関係作りをしておく必要があります。

そのため、困ったことがあったら何でも相談できる人としての存在感を出す必要があります。

一方で、簡単に解決できる問題でも何度も呼び出されたり、すぐに直してほしいと無理を言われるなど便利屋として何かと駆り出されストレスを感じたり、業務の負荷が多くなりがちです。

細かい教育体制が整っていない企業も

たとえば中小企業の場合、数名で社内全体の業務を担当しなければならないため、教育体制などが整っていないということも珍しくありません。

そのため、現場で起こるトラブルへも、頼れる先輩、上司もいないまま、自分で勉強しながら解決しなければならないということも珍しくなく、日々トラブルと格闘しながら多大な業務量に追われるということもあるでしょう。

先端の技術スキルが身に着かない

社内SEが担当する業務は、一般的に、大規模の開発案件などに関わることは少なく、外注先やユーザの間に入って調整する業務やヘルプデスクの業務が多くなります。

SEとしての最先端の技術に触れることはあまりないため、業務を通して新しい技術や高度な技術スキルは身に着きにくく、一定のレベルで留まってしまうことになりがちです。