ソフトウエアエンジニアの仕事内容、なるには、資格、給料、求人

ソフトウェアエンジニアの仕事内容

幅広い商品のソフトウェアを開発する

ソフトウェアエンジニアは、あらゆる商品のソフトウェアを設計、開発する職業です。

スマホやパソコンのアプリケーションから、家電や自動車の電気機器の制御まで幅広い商品のソフトウェアを設計、開発します。

仕事内容の基本はソフトウェア自体の設計、そしてプログラミングです。

商品ごとに限られた容量の中でソフトウェアを構築するため、クライアントの要件に沿ってユーザーが使いやすい設計をしなければいけません。

クライアントの要望、そしてユーザーにとっての利便性を実現するのが、ソフトウェアエンジニアの腕の見せどころともいえます。

さらにソフトウェアエンジニアによっては、要件程度から運用の全行程を担うこともあり、システム全体の総合的な理解力が必要とされます。

クライアントとの話し合い、またはチームでの開発が一般的なので、コミュニケーション能力も必須といえるでしょう。

ソフトウェアエンジニアの就職先、活躍の場

活躍の場が多く選択肢が豊富にある

基本的にソフトエンジニアの就職先は、ソフトウェア開発会社やシステム開発会社になります。

ソフトウェアツールやシステムの開発会社によって、どこまでの開発が行われるか異なります。

また会社の規模によってソフトウェア開発の規模が変わってくるので、一概にどんな開発かを示すのは難しいです。

ソフトウェア関連の会社は大手、中小、ベンチャーなど企業によって大きさが変わってきます。

また常駐のエンジニアとなり会社からの派遣、フリーランスとして活躍される方も多いです。

ソフトウェアエンジニアの1日

時期によって1日のスケジュールに違いがある

ここでは会社に属しているソフトウェアエンジニアの1日をまとめてみました。

閑散期、繁忙期で大きな違いがあるので、目安のスケジュールとして考えてください。

08:30 出社
軽くスケジュールの確認を行う

8:45 朝礼 ミーティング
朝礼とミーティングを行い当日の作業を報告

9:00 業務開始
メールチェックを行い社内SNSの確認、業務開始

12:00 お昼休み
昼食、お昼休みにIT関連のニュースに目を通す

13:00 午後の業界開始
午前の続きの業務を開始

17:00
最後にメールチェック、社内SNSにて作業完了を報告

17:30 業務終了
帰りにソフトウェア関連の新書を購入し帰宅

ソフトウェアエンジニアになるには

専門性は高いが未経験でも採用される

ソフトウェアエンジニアになるには高等専門学校、IT、情報処理系専門学校、大学の情報学部などを卒業して就職するのが一般的です。

ただ新卒においてはこうした学校を出ていなくても、未経験からの採用もあるため特別な知識が必要というわけではありません。

どの会社も最初からソフトウェアエンジニアとして働くわけではなく、アシスタント的な経験を経てから業務につきます。

また一般企業の就職からソフトウェア開発を任されることもあるので特別な資格などは必要ないです。

ソフトウェアエンジニアの学校・学歴・学費

就職を有利にするなら関係学部へ

ソフトウェアエンジニアを目指す場合、基本的にはどこの学校に行っても構いません。

ただ就職を有利にするならIT、情報処理系専門学校、国立・私立大学の情報学部への進学がおすすめです。

IT、情報処理系専門学校の1年間に必要な学費は、80万円〜130万円程度が相場となっています。

学校によって卒業までの年数が異なるので、上記かける年数の金額が必要となります。

私大の情報学部の場合は、4年間で400万から600万円程度を想定しておきましょう。

ソフトウェアエンジニアの資格・試験の難易度

国家資格を取っておけば役に立つ

以前まではソフトウェア開発技術者試験という名目の試験がありました。

2009年に応用情報技術者試験という名前に代わり、ソフトウェア開発技術試験を継いでいます。

受験者層のほとんどはIT系のエンジニアや情報系専攻の出身者です。

ソフトウェアエンジニアを含めた情報系の知識を問われるので、資格を取得しておけば将来的にも役に立ちます。

また応用情報処理技術者試験は民間資格ではなく、国家資格なので長期的に使える資格ともいえます。

ソフトウェアエンジニアの給料・年収

一般的なIT系よりも高収入であることが多い

ソフトウェアエンジニアの職業は幅広い知識が求められる職業なので給料・年収が高めです。

パソコンをはじめとして家電や自動車も扱うことがあるため、ほかのIT系の職業に比べると年収が高い傾向にあります。

また仕事内容によっては、さらに年収が高くなるので将来性のある職業ともいえるでしょう。

日本では誰でもソフトウェアエンジニアになりますが、海外では専門性の高い職業であるため日本よりも年収が高く専門的な職業として認知されています。

ソフトウェアエンジニアのやりがい、楽しさ、魅力

個人としてもチームとしてもやりがいがある

ソフトウェアの開発はチームとしてプロジェクト単位で行うことが多いです。

メンバーと協力して難題を突破していくため、ソフトウェアが完成した際には大きな達成感があるでしょう。

また時代の流れとともにスキルアップしていかなければ、ソフトウェアエンジニアとして適応できません。

常に勉強をしていく姿勢は大変である一方、技術を高めていく達成感もあります。

さらに専門性が高くフリーランスとしても活躍できるため、変化する社会に適応できる職業ともいえます。

ソフトウェアエンジニアのつらいこと、大変なこと

繁忙期には残業や休日出勤も視野に

ソフトウェアエンジニアをはじめとするIT系のつらいところは残業の多さです。

繁忙期では定時での退社できないほどになる企業もあるので残業の覚悟が必要になります。

また繁忙期以外でもシステムトラブルによる残業、休日出勤もあるため常に想定外を考えなくてはいけません。

特に社内での地位が上がるごとに責任も増えてくるので、平均より高い年収がもらえるケースが多いですが、それなりに過酷な職業ともいえるしょう。

その過酷さから体力面や精神面で持たなくなって辞めてしまう方も増えています。

ソフトウェアエンジニアが向いている人、適性

好奇心旺盛で柔軟性のある方に向いている

ソフトウェアエンジニアは常に新しい技術を取り入れてソフトウェアに反映させてなければいけません。

自分で調べて勉強し仕事につなげていける、好奇心旺盛な人が向いている職業です。

またIT系の仕事では、いつどんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。

そんなトラブルをどのように対処するのかは、ソフトウェアエンジニアの腕の見せどころです。

想定外のトラブルにも毅然とした態度で対応できる柔軟性も適性のひとついえるでしょう。

ソフトウェアエンジニアの志望動機・目指すきっかけ

プログラミング経験がきっかけの人が多い

IT関連の職業を目指すきっかけになる例として多いのは、学生時代のプログラミング経験です。

多くの方が在学中に何らかの形でプログラミングを経験しており、その延長としてソフトウェアエンジニアなどの職業があります。

プログラミングにおける困難を突破する喜びや、時代の流れとともに変化する奥深さが目指すきっかけになるようです。

志望動機としてはどんなソフトウェアエンジニアになりたいか、将来的な観点を重視してまとめるといいでしょう。

ソフトウェアエンジニアの雇用形態、働き

幅広い雇用形態で融通が利く職業

ソフトウェアエンジニアは正社員、派遣社員、フリーランスまでさまざまな働き方ができる職業です。

正社員は会社の規模が大きくなるほど年収が高くなる傾向にあるので安定した働き方ができます。

また派遣社員も派遣される企業によっては正社員と同等、それ以上の年収がもらえることもあります。

正社員、派遣社員で経験を積んだ後にフリーランスとして独立した方も多く、雇用形態の多い職業です。

自分のペースに合わせた働き方ができる一方で、その裏付けとして技術が必要な仕事でもあります。

ソフトウェアエンジニアの勤務時間・休日・生活

勤務時間や休日は働き方によって異なる

ソフトウェアエンジニアに勤務時間はほとんど一般的な企業と同じ9:00〜17:00程度です。

ただプロジェクトの納期に近い時期になると、スケジュールがタイトになるため残業や休日出勤が発生することがあります。

残業時間は企業によって違いますが40時間〜50時間、場合によっては100時間以上あるため繁忙期の労働時間は長くなりがちです。

また休日出勤でスケジュールを進めることもあり、週休2日制でも出勤を余儀無くされることもあります。

ソフトウェアエンジニアの求人・就職状況・需要

近年はIT系の需要の高まりで求人は豊富

IT社会が加速する昨今、ソフトウェアエンジニアをはじめとする職業の需要は以前よりも増しています。

ソフトウェアエンジニアに関係のない大学や専門の方でも、未経験の求人が多く出ているので知識がなくてもエントリーできるため間口は広いです。

また企業にとってもソフトウェアエンジニアの需要は高いので、知識や経験があれば採用されやすいでしょう。

近年はIT系の需要が高まっているため、時間をかけて自分に合う企業選びを行なってください。

ソフトウェアエンジニアの転職状況・未経験採用

新卒は間口が広いが中途なら経験が必要
ソフトウェアエンジニアやシステムエンジニアなどの技術職は、技術的に同じ面が多いため同業種からの転職は多いです。

ただ他業種になるとソフトウェアエンジニアの中途採用は、ある程度経験が必要なので転職という形は難しいでしょう。

ソフトウェアエンジニアの未経験採用は多いですが、新卒に限る場合があるので未経験での中途採用は少ないです。

もし未経験で転職したい場合はアルバイトをはじめとするアシスタントから社員を狙う方法が考えられます。

ソフトウェアエンジニアの現状と将来性・今後の見通し

スキルを高めていけば将来性の高い職業

ソフトエンジニアはただ渡された仕事をこなしているだけでは、将来性は難しい職業です。

ただ個人のスキルによっては企業したり、フリーランスになったりと将来性が高いです。

今後もIT系の需要は高まる一方なので、キャリアアップも容易に行えます。

基本的に仕事のスキルを上げていけば、将来性の高い仕事といえるでしょう。

新しいスキルを身につける意識が低いと大変ですが、技術が身につけば将来的に安定する職業です。