情報システム(社内SE)の種類

組織の違いによる社内SEの業務

社内SEは、一般的に情報システム部門で働くことになります。

企業によっては社内に情報システム部門がある場合と、情報システム部門を子会社化してIT関連業務をそこへ任せているケースもみられます。

社内の情報システム部門の場合でもさまざまなパターンがあります。

すべての社内情報システムについて、一連のシステム化業務や外注先のシステム企業との調整業務を統括するケース。

または、事業部ごとに情報システム分室などが設置されており、その事業部のシステムのみを担当するケース。

あるいは、情報システム子会社がある場合は、システム構築から運用・保守業務は子会社に任せ、社内SEはIT戦略や企画といった部分のみを担うというケースもあるでしょう。

企業規模によって異なる社内SEの業務範囲

大企業の場合

大企業の場合は、

・自社のシステムサービスの開発部門
・ネットワークの設計、構築、運用部門
・ITサポートやヘルプデスク部門、ネットワーク・インフラ監視部門

といったように部門が分かれ、役割の明確なケースが多いでしょう。

中小企業、ベンチャー企業の場合

中小企業やベンチャー企業など、情報システムに割り当てられる人員が少ない場合は、1人もしくは数人で全社のシステム業務を担当しなければならず、業務に追われるということも珍しくありません。

一方で、経営者との距離が近く、上流工程から下流工程まで一連の社内SE業務を担う立場にあるため、全体を把握することができ、技術力から調整力などの実力を身に着けられる機会も多いでしょう。

業種による違い

近年では、情報システムの子会社だけでなく、製造業、金融業、医療、サービス業、大企業から中小企業まであらゆる企業でIT化は進んでいます。

たとえば金融機関のシステムと、インターネットサービス提供会社のシステムなどでは、事業に直接関係のあるシステムは大きく異なります。

人事、経理といった企業経営に関わる基幹系システムなどは共通するシステムもありますが、社内SEとしての職場を検討する上では、その企業の業種やサービスなどに興味があるかも重要なポイントとなります。