情報システム(社内SE)の志望動機・面接

面接は2、3回が一般的

他の職種と同様に、情報システム部門の面接は現場の上司、役員、人事によるものなど2、3回が一般的でしょう。

面接では、質問に対して自分の意見を明確に答えられるように入念な準備が必要です。

面接でのポイント

企業によって、社内SEに求める人物像は異なりますが、一般的に社内SEとして重視されるポイントとしては、

・社内で良好な関係を築くことができる人柄
・コミュニケーション力
・リーダーシップ
・忍耐強さ

などがあげられ、それらについて評価するためにさまざまな角度から質問がされるでしょう。

想定される質問としては、たとえば「これまでの成功した、また失敗したプロジェクトは何か」そして「その際にどのように対処したか」などがあげられます。

その他にも想定される質問をあげ、それに対する回答を準備するなどして、面接の対策を行うことで、より明確に自分をアピールすることができるでしょう。

資格、スキルよりも経験から得たことをアピールするほうがベター

社内SEは技術職であるため、もちろん業務に必要となる技術スキルは求められます。

しかしながら、ITスキルや資格などをもっていることは前提条件であり、相当高度な技術でないかぎり面接などでのアピールポイントとはならないと考えておくほうがよいでしょう。

それよりも、それまでの経験から得たことと、また社内SEとしての職業観、キャリアをどう考えるかなどについてわかりやすく説明できるかが重要になります。

そのためにも、応募する会社の方針、業務内容、求めるスキル、経験などについて理解した上で、経験やスキルの棚卸を行い、アピールできる内容をまとめることが必要でしょう。

社内SEの志望動機

面接では、どうしてその会社で社内SEとして働きたいのかという志望動機も非常に重要です。

たとえば、システムのプロジェクトごとの開発業務だけでなく、業務システムの導入に関わる全工程に携わってみたい、また全社的な視点にたってIT戦略を立案、システム企画を行いたいといった志望動機が考えられます。

一方で、一般的に、第一線で活躍してきたSEにとっては、社内SEの技術スキルが磨きにくい点などからモチベーションが下がってしまうことも珍しくないため、面接で質問されることもあるでしょう。

自分のそれまでの経験を棚卸し、社内SEのメリットデメリット、キャリアプランなどを整理しておくことが重要です。

社内SEイメージとギャップがないか確認することも必要

単純に社内SEは残業が少ないことや転勤が少ないことを志望動機にすると、仕事への熱意を疑問視されてしまうので注意が必要です。

一方で、企業によっては社内SEであっても非常に多忙な場合や転勤もあるケースなどさまざまであることから、入社後にこんなはずではなかったということを防ぐためにも、入社前に確認しておくことも必要でしょう。

プレゼンが求められることも

社内SEは、IT戦略を推し進める上で、上層部や関係者にシステムの内容をわかりやすく説明し、承認を得るという業務を担当することがあります。

そのため、会社によっては、たとえばこれまでの経歴や担当したシステムなどについて、簡単なプレゼンを求める企業もあるようです。