社内SEとIT企業のSEの違い

社内SEの良いところ

1つのシステムを最初から最後まで手掛けられる

ITコンサルやシステム会社といった受託開発を行う企業で働く場合は、さまざまな顧客企業のシステムを担当します。

人が足りないといった理由でシステム構築の途中から案件に参加したり、逆に途中で別の案件へ異動させられたりということがあります。

システムエンジニアの仕事

一方で、社内SEの場合は、担当する業務によって異なりますが、一般的に社内システムに関して、企画といった上流工程から、開発、構築、運用といった一連の工程について担当することができます。

そのため、所属する業界の業務システムについて精通できる機会を得ることはできるでしょう。

社員としての帰属意識をもって、安定して仕事ができる

SEの場合は、プロジェクトごとに顧客企業へ派遣され、任務が終わるとまた別の企業で働くというケースもあります。

また、一緒に仕事をする人も別会社の人が多いこともあるような職場環境では、自分がどの会社の社員であるかという帰属意識が薄れ、根なし草のような不安定な立場と感じてしまうこともあるかもしれません。

一方、社内SEは、ユーザである社員の意見を聞き、またサポートする必要があるため、頻繁に接する機会が多くなります。

また会社の経営方針や戦略などに沿って、自分たちのシステムを作り上げていくという意識や一体感から、会社への帰属意識が強められ、安定した立場で仕事を行うことができます。

勤務地が固定される

プロジェクト先に派遣されるSEの場合、プロジェクトによって、ある一定の期間顧客企業内で常駐して作業することもあります。

たとえば大手のITコンサル会社やSIerの場合、全国規模で、また頻度も多く、プロジェクトによっては期間も長いということも珍しくありません。

一方、社内SEは、勤務地は社内となり、企業にもよりますが、転勤のケースも少ないため、家族の事情などで勤務地を変えたくないという場合はメリットがあるでしょう。

ワークライフバランスがとりやすい

SEの場合は、納期やトラブルに追われて連日の深夜残業が当たり前というケースも多くあります。

一方、社内SEの場合は、緊急に対応しなければならないトラブルで残業ということもありますが、基本的には定型業務が中心となるため、残業は少なめで、スケジュールも立てやすく、ワークライフバランスがとりやすいでしょう。

社内SEの苦労するところ

最新の技術力が身につかない

SIerなどのSEは、幅広い業種のさまざまな案件する中では、未知の技術であっても必要であれば使用することが求められます。

そのため、必死で技術を学びながら仕事をこなしていかなければならず、結果として相当の技術力を身に着けることとなります。

また、客先に常駐して仕事する場合には、他のシステム会社からも常駐しているケースが多くなり、その中には非常に優秀な技術者もいて学べるケースも多く、技術者として学ぶことも多くあります。

システムエンジニアの仕事

一方、社内SEの場合は、自社システムを対象とするため、求められる技術も固定化され、また社員の流動性も少ない傾向にあります。

また、開発などの現場作業を外注している場合には、社内SEはベンダーの調整ばかりで作業することも少なくなります。

そのため、仕事を通じて技術スキルを伸ばしたり、高度なスキルをもつ技術者との交流も少ないため、技術志向の強い人はストレスを感じることが多くなるでしょう。

気安く便利屋として使われる

SEの場合は、顧客企業から依頼された案件に対して、自分の担当する役割、業務が明確であり、その担当部分の業務に集中して取り組むことになります。

一方、社内SEの場合は、クライアントは自社の社員となり、また基本的には社内にいるため、トラブルや問い合わせなど、気安く頼まれるということが多くなります。

また、ITに詳しくないユーザは、とりあえず社内SEに頼むということも多く、また、社内SEなのだからささいなシステム改修にも対応するのが当然とされるため、ユーザ対応に追われるということも珍しくありません。

業務に区切りがない

SEの場合は、たとえばシステム導入を行う場合、導入すれば一旦は業務終了となり区切りがあるため、忙しい時期もあれば比較的余裕を持てる時期もあります。

社内SEの場合、中小企業などで役割分担がされていない場合などは、要件定義や設計、テストといったSE業務の他に、ユーザからの問い合わせ、トラブル対応、改修作業など、非常に多岐にわたる業務を少人数で担当することになり、業務負荷が高くなります。

また、開発が終わってもその後のメンテナンスも自社で行うため、忙しい時期がずっと続いてしまうということもあるようです。