情報システム(社内SE)の資格、スキル

社内SEに求められる資格

一般的に、社内SEなどの技術者の基本的な資格としては、「システムアドミニストレータ―」や「基本情報技術者」の資格がありますが、これらは最低限もっておくべき資格となります。

少しでも技術力をアピールしたい場合は、たとえばネットワークスペシャリスト、システムアナリスト、システム監査技術者、情報セキュリティスペシャリストといった資格を取得することも有用でしょう。

また、業務によって必要となる技術知識もさまざまですが、たとえばDB関連であれば、Oracle Master、LinuxについてはLPIC (Linux Professional Institute Certification)など。

またインフラ系の場合はCCNA(Cisco Certified Network Associate)やCCNP(Cisco Certified Network Professional)といった資格をもっているとアピールポイントとなるでしょう。

業務内容によって必要な技術スキルはさまざま

一方で、一概に社内SEといっても、業務範囲は広く、担当する業務内容によって求められる経験や技術スキルは異なります。

たとえば、IT戦略やシステムの企画といった上流工程を担当するのであれば、開発に関わる業務知識や基本設計力、要件定義やプロジェクト管理スキルが必要でしょう。

また、サポート・ヘルプデスクを担当する場合には、初級システムアドミニストレーターレベルのスキル・知識、またWindows、UNIXでの開発やインフラ経験、ユーザサポート経験などがあげられます。

自分の担当する業務が何か、そしてその現場で必要とされる技術スキルについて学んでいくことが重要でしょう。

社内SEにはビジネス・コミュニケーションスキルが必須

どの業務であっても、社内SEは他の関連部署やベンダーなどと協力し、調整しながら仕事を進める必要があるため、ビジネス・コミュニケーションスキルは必須となります。

中途採用では技術スキルよりも経験や業務知識が重要

他の職種の場合もそうですが、社内SEの中途採用の場合も、資格よりも経験で培った即戦力が求められます。

そのため、たとえば基本的な技術スキルとともに、プロジェクトリーダーやベンダー調整をしてきた経験や、財務諸表や会計処理についての業務知識などのほうが重視されるでしょう。