情報システム(社内SE)の勤務時間・休日・残業

勤める会社の勤務体系によってさまざま

情報システム部門に所属する社内SEの勤務時間は、他の門の社員と同様に、勤務する企業の就業規則によります。

企業の就業時間としては、8:15~17:30、8:30~18:00などが一般的でしょう。

一方で、システム保守などの業務を担当する場合は、早朝や深夜の勤務が必要とされたり、休日についてもシフト制で決まった曜日ではとれない勤務体系のケースもみられます。

GWなどの長期休暇や土日祝が休みでなければ困るなど事情のある人は事前に確認しておくことが必要でしょう。

SEと比較すると残業は少なめ

受注開発を請け負うシステム企業のSEは、納期の都合から残業が当然のように発生し、納期前には連日の深夜までの残業ということは珍しくありません。

一方、社内SEの場合は、中小企業などでなんでも一人でこなさなければならないという場合は難しいですが、一般的には役割分担がされており、定型業務が多いです。

そのため、残業は少ない傾向にあり、定時で帰れるというケースもあるようです。

トラブル発生時やシステム導入時には、残業や休日出勤もある

そうはいっても、システムにはトラブルがつきものであるため、時にはトラブルで残業や休日出勤しなければならないということもあるでしょう。

また、新たなシステムを社内に導入した場合などは、想定外のことも発生することも多く、そんな場合も緊急対応せざるをえないということはあります。

ワークライフバランスは比較的とりやすい

受注開発を行うシステム企業のSEの場合は、客先に常駐する形で勤務することもあり、プロジェクトごとに転々と勤務地が変わるケースもあります。

一方で、社内SEの場合は勤務地が固定されやすくなり、家族の事情などがある場合には安定して働くことができる可能性が高いでしょう。

また、企業や担当業務にもよりますが、残業も少なめであり、休日も安定して取得できるため、社内SEはワークライフバランスがとりやすい職種といえるでしょう。