情報システム(社内SE)の1日

業務形態、担当業務によってさまざま

社内SEの1日の仕事内容は、勤務する会社の業務形態や担当する業務によって大きく異なります。

たとえば、情報システムの要件定義、設計といった上流工程から、社内ユーザ向けのヘルプデスク業務など社内SEの業務はさまざまです。

また、中小企業などで役割分担がされていない場合は、数人のメンバーで全ての工程を担当することもあります。

その他、システムの開発はベンダーに外注し、運用、保守のみを自社で行うケースなど、勤務する会社によって、社内SEの業務範囲も異なります。

一般的に、SIerなどのSEと比較すると、社内SEは定型業務が多くなるため、残業が少なく、スケジュールも調整しやすいため、ライフワークバランスがとりやすいといわれます。

一方で、システムトラブルで緊急に対応しなければならない場合などは、残業や休日対応ということもあります。

社内SEの1日の仕事の流れ

8:30

出勤

9:00~9:30

メールのチェック。1日のスケジュールを確認する。

9:30~10:30

担当する経理システム設計案件について、社内の関連部署の担当者から要望事項について確認する。また、開発を外注するベンダーとの打ち合わせのスケジュール調整を行う。

10:30~11:30

基幹システムのリニューアル案件についての社内ミーティングで、担当ごとの進捗確認を行う。

11:30~12:00

経理システムのトラブルについて、トラブルの状況をまとめベンダーへ問合せを行う。

12:00~13:00

同僚とランチをとる。

13:00~14:00

午前中の打ち合わせ内容について、議事録を作成し、関係部署に送付する。

14:00~15:00

情報収集業務。導入を検討しているアプリケーションについて、数社のものを比較、検討し、資料にまとめる。

15:00~16:30

経営幹部向けに、IT投資の承認に関する報告資料の作成。

16:30~17:30

社内ユーザからのシステム利用についての問い合わせに対応。明日の業務内容の確認。

18:00

退社