情報システム(社内SE)のキャリアパス

情報システム部門に所属する社内SEのキャリアビジョンとしては、最終的には情報システム部門の責任者やCTO(最高情報責任者)やCIOを目指すことが一般的でしょう。

それらを目指すにあたっては、社内SEに求められるキャリアやスキルと、自分のキャリアを照らし合せながら、キャリアビジョンを描き、将来目標を立てて取り組んでいくことが必要です。

ここではある企業での社内SEのキャリアパスについてご紹介します。

社内SEのキャリアパス

ステップ1:メンバークラス(20代半ばまで)

現場スタッフとして技術スキルを求められる業務が多くなります。

PHP、PerlといったWebやオープン系技術のスキル、ネットワークやインフラの設計、構築。またERPやデータベースの経験、システムの運用などの経験が求められます。

また、基本的なコミュニケーション力を持ち、新しい技術へも意欲的に取り組む姿勢が期待されます。

ステップ2:リーダークラス(20代後半~30代前半)

システムなどの開発プロジェクトの責任者として、プロジェクトを効率的に、スケジュールに合わせて推進する「プロジェクトマネジメント」の役割を担います。

その中では、システム開発や運用、ERPやミドルウェアの経験などの技術スキルだけでなく、特定の技術に対する高い専門性、さらに業務知識についても求められます。

また、プロジェクトを統率するための高いコミュニケーション力やベンダーからの提案やコストに対して妥当であるかなどの判断力が求められます。

ステップ3:マネージャークラス、CIO・CTOクラス(30代後半以降)

豊富な業務知識やシステム開発経験をもち、より高度なビジネススキルとして企画力や提案力、組織をマネジメントするスキル、ベンダーなどとの交渉、調整力が求められます。

また、システム企画といった上流工程において、日々進化する最先端技術を理解し、自社のシステムにはどの技術を導入するのが良いのかなどを判断する役割を担います。

その中では、世界の技術内容や動向を理解し、また自社システムの課題などをどのように解決できるか判断する能力が必要となります。

さらに、CIO(最高情報責任者)やCTO(最高技術責任者)クラスは、会社の経営目標や方針などを実現するためのIT戦略を策定する役割を担う社内SEとしての最高位といえるでしょう。

そうした立場では、技術だけでなく、経営者としての経営知識なども求められます。そのため、経理や総務、営業といった部門の経験を経ることもあるでしょう。

同業他社への転職、起業

社内SEとしてキャリアを積み、技術力や業務知識を培うことで、同一企業内のキャリアステップだけでなく、同業他社などへ転職や、自分でシステムを活用したビジネスを立ち上げるといったキャリアビジョンを描くこともできるでしょう。