助産師の役割

妊娠・出産を迎える女性と家族を支える

助産師の役割は幅広く、女性のライフサイクル全般を支える役割を担っています。

妊娠・出産を迎える女性は、喜びとともに不安を抱く存在です。もちろん、家族の支えは重要です。それに加えて、気軽に相談できる、または専門的な質問に答えてくれる人がいたら、もっと楽しく新しい小さな命を迎える準備ができます。

また、お産の時には腰をさすったり、励ましたり、産婦さんの一番近くで支えます。妊娠中、分娩時の異常の早期発見し母子の命を守ることは助産師の最も重要な役割です。

出産後は、赤ちゃんのお世話の仕方を伝え、おうちに帰ってからもスムーズに育児に取り組むことができるようサポートします。

子どもたちの未来を支える

適切な時期に、適切な性教育を行うことが見直されています。それは、妊娠の若年化、性感染症の増加、妊娠中絶の問題などがあるからです。

助産師は、命の誕生に立ち会うことを通して命の尊さを身にしみて感じることができる貴重な職業です。だからこそ、小さな命を守りたい、子どもたちが傷つくような経験をしてほしくない。助産師は心からそう思っています。

経験と知識から培う確かな専門知識を、わかりやすく次の世代に伝えていくことも助産師の重要な役割です。

女性の心の健康を支える

周囲の協力が得られず育児がしんどくなってしまったり、子どもに暴力をふるってしまったり、また夫婦関係がうまくいかなくなって逃げ出したくなったり、と女性は心を痛めてしまうこともあります。

家族にも相談できないことも他人になら言えるかもしれません。そんな時、助産師は耳を傾けたり、適切な専門機関を紹介したりすることで、解決策を一緒に考えたりすることもあります。

お産が終わったら、終わりではありません。これからの育児を楽しくやっていくためにどのような支援が必要なのかを考え支えていくことも助産師の大切な役割の一つです。

仕事体験談