助産師の仕事は大変? (体験談)

どのような仕事も「簡単」なものはなく責任や知識、技術など、それぞれに「大変さ」があります。では、助産師の仕事の大変なところとはどのようなものでしょうか。

時間が不規則

出産は、予定日でおおよそ産まれそうな日はわかりますが、実際には予定日通りに産まれることはほとんどなく、予期せぬ早産や、予定日を過ぎてもなかなか産まれないこともあります。

また、お産にかかる時間も人ぞれぞれで、早い人もいれば、何時間もかかる人もいます。

このように、お産は「いつ始まるか」、「いつ終わるか」がわからず、手術のように予定が立ちませんから、助産師は、何時でも対応できるよう万全の体制でいなければなりません。

大きな病院は、お産が長引いて勤務時間を過ぎた場合でも、次の勤務帯の助産師と交替することができますが、自分の受け持ちの妊婦さんの場合、責任感からその場を離れられないこともあります。

もちろんそれは助産師自身の誇りとやりがいがあるからこそ進んで行うことですが、身体的負担にならないよう自己の健康管理を怠ってはいけません。

喜ばしいことばかりではない

産科は病院の中では珍しく「おめでとうございます♪」という明るい声が響く場所です。

生命の誕生という神秘的な瞬間に立ち会うことの素晴らしさ。妊婦さんや家族の喜びを手助けするという誇り。そのような仕事に魅力を感じ、助産師を志す人も多いと思います。

しかし、出産はいつも喜ばしいことばかりとは限りません。時には元気な産声をあげて生まれてくることができない赤ちゃんもいます。

多くの人が喜びに沸いている明るい産科だけに、悲しみは色濃く浮き上がります。そんな時、妊婦さんや家族に温かいケアをすることも、助産師の役割です。

命の誕生を手伝う仕事は、自分自身の死生観に大きな影響を与えます。時には苦悩しながら、自分の中で咀嚼し、それを仕事に活かしていくことが必要です。

一般の認識が低い

助産師という仕事は、看護師の知識と技術、さらに妊娠、出産、育児に関する知識と技術を習得したスペシャリストです。

しかしながら、古い呼称の「産婆さん」というイメージが残っており、なかなかその専門性が理解されません。

病院内でも、看護師と行う業務は違っても、一般にはその違いがわかりません。最近は、「助産師外来」を行い、助産師の能力を発揮できる場が増え、助産師に対する認識も深まっていますが、中には医者ではない人に見てもらうことに抵抗を感じる妊婦さんもいます。

助産師の仕事を社会的にもっと理解してもらうことが、助産師の地位の向上、ひいては賃金などの労働条件の改善につながっていくと思います。

仕事体験談