パートの助産師の働き方

都合のよい時間だけ働ける

助産師という仕事は、妊娠・出産・産後ケアを通じて、母子の健康・サポートする女性ならではのやりがいのある仕事です。

しかし、結婚、出産という助産師自身のライフスタイルの変化に伴い、正職員、特に夜勤のある病院での勤務を続けていくことが難しいことがあります。そんな時には「パート」として働くという方法もあります。

パートタイマーなら、大病院でも夜勤はありませんから、自分の都合のよい時間だけ働くことができます。

パートタイマーと派遣との違い

パートタイマーも派遣も「決められた時間帯だけ働く」のは一緒ですが、一番の違いは、派遣助産師は派遣会社に、パート助産師は病院(勤務先)に雇用されているという点です。

たとえば、わかりやすい例をとりますと、もしも、勤務時間を越えても業務が残っていた場合、派遣会社と「残業はしない。」という契約を交わしている派遣助産師には、病院側は残業を頼むことはできません。

しかし、病院の非常勤職員であるパート助産師には、病院側から残業を頼むことができます。

このように、病院(勤務先)の権限が強いのがパート助産師です。と書くと、派遣の方が楽に思えるかもしれませんが、病院とのつながりが深いパート看護師は、病院の社会保険、雇用保険が使え、福利厚生面が規定に応じて保障されているので、派遣よりも安定していると言えるかもしれません。

夜勤は時給が高い

また、パートとして働くのはなにも昼間だけとは限りません。

看護師・助産師が勤務をしていく上での問題となっている「夜勤」は、割高な「夜勤手当」が付くということで、看護師・助産師の収入源にもなっています。そこで、中には「夜勤専門」のパートとして働く助産師もいます。

夜勤専門助産師は、大体、月に10回ほどの勤務で、短時間に集中して収入を得ることができますし、その分、正職員の夜勤回数は減り、体力的負担が軽減されます。

パートをする時に気になるのは、正職員とパート助産師の間の「壁」ですが、慢性的な人材不足に悩む看護師・助産師の職場では、労力としてのパートの導入はもはや常識で、それなしでは正職員の負担増は免れません。

ですから、お互いがプロの意識を持って仕事をすれば、正職員とパートの間の壁は感じないでしょう。

仕事体験談