助産師の面接

配属の希望について

助産師になるときの面接で聞かれることとして、配属のことがあります。助産師免許を取得して最初に就職する先の選択肢として総合病院を選ぶ人がほとんどだと思います。

そのときに、看護師免許を持っているので場合によっては、最初は他の部署を経験させてから、産科への配属となることもあります。「就職したら、希望の部署はありますか?」と聞かれたら、自分の希望を伝えても大丈夫でしょう。

産科が希望ならば、産科と伝えましょう。そうすると「他の部署に配属されたら?」と聞かれる可能性があります。

助産師が他科に看護師として配属された場合、助産師になるために学んだことは生かせませんが、産科では経験できないような看護技術を経験でき、緊急時の対応、外科的な処置を学ぶことができます。

そこでの経験は、助産師として働くようになってから必ず役に立つはずです。そのような広い考えを持って助産師を目指しています、ということをアピールしましょう。

もし、他科の中で選択をするならば、慢性期の病棟より急性期の病棟やNICU(新生児集中治療室)などを希望すると、より産科と結びつきやすいです。

仕事の継続について

また、女性ですので「今後、結婚や出産となった場合仕事を続けますか?」と聞かれる可能性が高いです。そんなときは、迷わず、仕事は続けたいです!とアピールした方が良い印象を与えられます。

大きい病院は、産休や育児休業制度が整っていることが多いので、実際に出産後も働く人が大勢います。福利厚生をよく調べてから就職試験を受け、そういった制度を利用しながら仕事を続ける意思を伝えましょう。

人間関係の悩みについて

女性の職場ということで、人間関係に悩むことが想定されます。そのときにどのような対処能力をもっているかということも試されます。悩んだときは同期や近い先輩に相談し、一人で悩まないということが仕事を続ける秘訣です。

友人を大切にする、という姿勢を伝え、今までの人生の中でもそのようにして乗り越えてきましたということを伝えましょう。

病院側は、優れた能力の人材が欲しいと思っていますが、それ以上に仕事を続けてくれる人を望んでいます。簡単には辞めないという強い意志を見せることも大切です。

仕事体験談