助産師の勤務時間、休日

助産師の勤務時間は、勤め先によって違います。三交替制の病院と、二交替制の病院、助産院に分けて考えてみましょう。

三交替制の病院の勤務

三交替制の病院、その中でも入院患者さんがいる産婦人科病棟勤務の助産師は、日勤(昼間の仕事)、準夜(夕方から真夜中の仕事)、深夜(真夜中から明朝までの仕事)の3つの勤務時間があります。

主な勤務は昼間の仕事ですが、準夜、深夜の勤務が合わせてひと月に約8回ほどあります。

夜勤は、助産師の生活のリズムが乱れやすく、体力的負担にもなるので、病院によっては日勤の後に深夜勤務を入れない。準夜勤で夜中まで働いた次の日は休みにするなど、助産師が働きやすい労働環境を整えているところもあります。

また出産数の減少で、医療機関によっては毎日お産があるとは限りませんが、産婦人科病棟には、お産以外にも婦人科疾患を持つ患者さんが入院しているので、助産師としての仕事以外に、看護師としての仕事を行います。

出産は手術のように正確な予定時間がたたないもの。

自分の受け持ってきた妊婦さんが、自分の勤務時間ではない時に出産を迎えた時に呼び出されることはほとんどありませんが、勤務時間中に始まったお産が長引き、勤務時間が終わっても帰れないことがあります。

二交替制の病院の勤務

病院によっては、二交替制と言い、日勤(昼間の仕事)、当直(夕方から翌朝までの仕事)、2つの勤務時間のところがあります。

つまり当直は、3交替制の準夜と深夜勤務のふたつが合わさったものです。

勤務時間が長いため、途中の休憩はもちろん仮眠が認められているところがほとんどです。
当直人数は、病院の規模、業務量にもよります。

出産、他の入院患者さんのお世話、新生児のお世話があるところでは、とても1人では手が回りませんから、複数人で当直を行います。

助産院の勤務

助産院の勤務時間は、開院時間に合わせた勤務が基本的で、お産のある時には呼び出しがあったり、場合によっては泊り込むこともあります。

規模の小さい助産院は、一人一人の助産師に任せられる仕事も多岐に渡り、勤務時間もお産がある時とない時では違いがあるようです。

大病院と比べてお世話する妊婦さんの数も限られていますから、ある程度の予定を立てることもできる一方、予期せぬことが起こった時に呼び出しがかかることもあります。

仕事体験談