助産師外来とは?

助産師外来とは

助産師外来とは、これまで医師が行ってきた妊婦健診(妊娠中の母体に異常はないか?胎内の赤ちゃんの成長は順調かを、妊娠週数に合わせ定期的に行う外来診察)を、助産師が行うことです。

これまでは、病院で名前を呼ばれて診察室に入ると、そこには医師が座っているのが普通でしたが、助産師外来では、医師の代わりに助産師が妊婦さんを迎えます。これは、これまでの医療の現場から考えると、とても画期的な変化です。

助産師外来のメリット

助産師外来のメリットは、さまざまです。

近年減少している産婦人科医の不足を補うことができること、病気ではなく健康なライフスタイルの延長にある妊娠において、妊婦さんが助産師とリラックスした雰囲気の中で、妊娠、出産を楽しい気持ちで受け入れることができること、そして、助産師にとって、病院というバックアップがある中で、安心して自分自身の知識を発揮できることなどが挙げられます。

医師、妊婦、助産師の3者それぞれにメリットがあります。

助産師の新しい活躍の場

助産師外来は、助産師の新しい活躍の場、新しいやりがいとして注目されています。

と言うのも、独立開院が認められている助産師ですが、実際に開業している助産師は10%にも満たず、ほとんどが病院や診療所に勤めています。

助産師外来は、病院勤務のメリットを最大限に活かし、最新の医療機器を使用し、何かあればすぐに医師と連携が取れるという安心感のなかで、これまで以上に、助産師としての力を活かすことができる理想的な業務です。

助産師外来で何をするの?

助産師外来で助産師が行えることは、病院によって異なりますが、エコー(超音波)による胎児の身長、体重の測定、尿検査、保健指導などが挙げられます。もちろんお産に対する不安や、こんなお産がしたいというバースプランの作成も行います。

また、助産師が行えるのは正常な助産行為との制約から、助産師外来を受診できる妊婦についても、妊娠中毒症の有無や、胎児の状態などを医師がしっかり検査し、問題がないと判断された場合に限るなど、万一に備え、安全面の確保もしっかりされています。

なんでも相談できる助産師と、さらなる専門知識を持った医師、その両面から妊娠・出産をサポートでき、妊婦さんにとってはとても心強い体制と言えるでしょう。

仕事体験談