助産師からの転職

少子高齢化社会で助産師のニーズって減っている?と思われるかもしれませんが、そのようなことはありません。むしろ、高齢出産や不妊治療が珍しくなくなった昨今では“ハイリスク妊娠”と言われる妊娠が増えています。

しかし、産科医も助産師も急激に増員できるわけではありません。そのため経験豊富な助産師は引く手あまたです。助産師になって就職した後、何かの事情があり転職を余儀なくされることになっても、再就職先に困ることはそれほどありません。

転職のメリットは?

新しい職場で新しいことを覚えるのには、苦労もいりますがいいこともあります。職場のやり方はそれぞれなので、「こういう指導もあったのか!」とか「対象とゆっくり関われるようになった!」とか、新たな発見や喜びを見いだせる可能性があります。

そういった経験も助産師として自分の宝となるはずです。

ただし、やはり転職を繰り返していると、「職場に適応できない人なのではないか」と疑われてしまう可能性もあります。嫌なことがあったらすぐ転職するというのではなく、将来のキャリアを考えて自分にとってのプラスになるような転職先を探すということも大切です。

病院から地域へ

助産師の活躍の場は病院だけではありません。病院を退職しても、助産師は地域で活躍することもできます。正規の雇用でなくとも、市町村と契約し新生児訪問や地域主催の母親学級などの運営に携わることも可能です。

待遇の面では病院勤務に劣りますが、日中に仕事ができるので体力的には楽なはずです。それに、地域にいるお母さんや妊婦さんたちが病院では聞きにくいような些細な質問をしてくれることもあり、より親身になって仕事をすることもできます。

「地域の頼れる助産師」として働くことも魅力的な働き方です。

潜在助産師からの復帰

一度、結婚や妊娠を機に、仕事を辞めてしまうと、ブランクのために復帰したくても復帰できないという現実があります。

そのようなときは日本助産師会や全国各地にある助産師会の支部が主催する潜在助産師の研修を受けることもできます。一人でも多くの助産師が社会で力を発揮できるように、サポート体制も整いつつあります。

仕事体験談