助産師への転職

他職種からの助産師へ

自身の出産を機に助産師という職業に興味を持った、会社員だったが助産師という職業を知り志した、海外で活躍したいと思い助産師資格が欲しいと思った、など、医療現場ではないところで働いていた人が助産師を志すことは最近あまり珍しいことではありません。

むしろ、他の社会を知っている人が助産師になることは、広い視野を持っているという点でとてもよいことだと思います。

助産師への道のりは険しい

ただし、看護学校または、看護大学の受験準備に1年かかり、入学してから順調にいっても助産師資格を取るのに通常4年はかかります。その間の、経済的な問題や家族の協力が得られるかは大きな問題となってきます。

看護学校や看護大学に無事に入学できたからといって、助産師になれるわけではありません。入学後は好成績を残し、欠席などもほとんどない3年間を過ごす必要があります。

さらに助産師学校に入学するか、大学で助産師コースをとる必要があり、この時点で狭き門を突破しなければなりません。もちろん、最後には国家試験の壁もあります。

つまり、長い時間にわたって『助産師になりたい!』という気持ちを維持しつづけ、努力を続け、周りの家族の協力を得る必要があるのです。

助産師資格は生きている限り有効です。その先には、何十年にわたって助産師として活躍できる道が待っています。何歳であっても助産師になるのに遅いことはありません。

看護師から助産師へ

もし、看護師免許をすでにお持ちの方であれば最短1年で助産師になることが可能です。

看護師の仕事をしながら助産師学校を受験する人もいますし、仕事を退職し一年間助産師学校の入学試験のために受験勉強に専念する人もいます。

看護師経験をお持ちの方が助産師になった場合、看護師での経験はかなり役に立ちます。緊急時の対応や対象者とのコミュニケーションなど、助産師になってからも十分に生かすことができます。

仕事体験談