助産師と看護師の違い

免許の違い

看護師と助産師の一番大きな違いは「免許」の違いです。

看護師は看護師国家試験に合格し、看護師免許を得ますが、助産師は、看護師の免許取得者が、更に指定の養成期間で1年以上の教育と実習を行った後、助産師国家試験に合格しなければ資格を得ることができません。

簡単に言うと、看護師の免許を取った後、更に専門的な知識を身につけた+αの資格です。

助産師の教育制度にはいくつかの過程がありますが、助産師指定養成校の認可を受けた看護大学では、卒業と同時に看護師と助産師、両方の国家試験を同時期に受けることができるカリキュラムも組まれています。

業務の違い

看護師と助産師の実際の業務の違いは、助産師が助産行為(お産を助け、子供をとりあげる行為)を(正常分娩に限り)医師の指示なしに行えることに対し、看護師はたとえ医師の指示があった場合でも助産行為は認められていません。

また、助産師養成のカリキュラムでは、地域母子保健や、助産管理など、保健指導的要素も学んでおり、妊産婦、じょく婦、また広くは社会に対しての健診や、家族計画、妊娠指導、妊娠管理、保健指導を行うことができます。

医薬分業が進んでいる欧米では、看護師が独立して、注射や投薬、ガーゼ交換など看護業務だけを行う施設を開設できますが、日本では看護師の独立開業は認められていません。

一方、助産師免許取得者は、自分で「助産院」を開業することができるのも大きな違いでしょう。

病院(病棟)での勤務

病院の勤務においては、産科外来や、産科病棟では、業務内容に違いはありますが、看護師、助産師ともに働くことができます。

しかしながら当然、助産師の資格を持っている人が優先的に配置(または採用)される傾向にありますし、一般看護師が内科、外科など部署の異動があるのに対し、特殊性を生かして仕事をする助産師は異動がほとんどありません。

ただ、少子化が進む現在、社会全体で出産数そのものが減少し、産科だけの病院は少なくなり、産婦人科となっているところがほとんどです。

産婦人科勤務では、出産だけでなく、さまざまな婦人科疾患の患者さんも来られますので、助産師も看護師としての知識、技術が必要となり、業務に関しても看護師と変わりません。

仕事体験談