助産院と病院での仕事の違い

助産院と病院では、助産師の仕事は大きく違います。ではまず助産院の仕事から考えてみましょう。

助産院の仕事

助産院は、母子ともに正常な状態にある場合の出産の介助を行う場所で、そこを利用する人は妊婦さん、または産後の保健指導をうけるじょく婦さんと、赤ちゃんです。

助産院は、入院床数9床以下の施設を言いますから、規模も小さく、その分、家庭的な雰囲気の中での出産が可能です。

助産院は、妊娠時の検診、分娩、育児まで、一貫した助産活動を行います。助産院の施設としては、自宅の一部、または敷地内に開院している場合がほとんどで、時には妊婦さんの自宅を訪れ、そこでの助産介助を行います。

助産院は、生活の延長にある人間本来が持つ「生む力」を活かせる環境にあると言えるかもしれません。

助産院に働く助産師は、施設により人数が異なりますが、専門的技術に誇りと責任感を持ち、強い使命感を抱きながら、「誕生」という人生の喜びの時を創造するために働いています。

お産は病気ではないという考えから、病院のように白衣は着用せず、私服で業務を行っている所もあり、温かい雰囲気の中、スタッフと妊婦さん、そしてその家族が一丸となってお産に臨みます。

病院での仕事

一方、病院での勤務ですが、病院には、助産婦以外に看護師、医師、その他の医療スタッフがおり、医療チームの一員としての役割も求められます。また、看護学生の実習を受け入れている病院の場合は、教育指導も行います。

業務に関しては、総合病院でも助産師の資格がある場合は、産科に配属されます。

しかし、近年出産数そのものが減ってきており、産科だけで独立している部署は少なく、産婦人科として婦人科疾患を持つ人の看護が、業務の中で大きな割合を占める傾向にあります。

また、助産師不足により、病棟勤務と、外来勤務の両方を掛け持ちで任されることもあり、助産院と比べ、病院は組織の中の「助産師」という役割を担う者という印象があるかもしれません。

妊婦さんに対する、保健指導や母親教室、産後の授乳教室も、複数の妊婦さん、じょく婦さんに行うので、助産院と比べて、一人一人と触れ合う機会が少なく感じるかもしれません。

しかし、「正常分娩の介助」だけが認められている助産院と違い、医師のいる病院では、あらゆるケースの妊娠経過、分娩に立ち会うことができます。

助産院と比べ、圧倒的な数の経験を積むことができ、いろいろな形の「人の誕生」から、人として学ぶ機会も多いと思います。

仕事体験談