助産師は子育てしながら働ける?

尊い命の誕生に関わる助産師の仕事ですが、助産師自身が出産し「母親」となった時に、子育てをしながら働けるのでしょうか?

育児に対する理解が深まっている

助産師資格を持っている人のほとんどは、病院で働いているというデータがあります。勤務形態は様々ですが、子育てをしている助産師さんにとっては、夜勤のある病院での勤務は容易ではありません。

しかし最近は、看護師・助産師不足を解消し、人材を確保するために、24時間受け入れ可能な保育園のある大きな病院が増えています。

それ以外にも、育児中は勤務時間を短縮できたり、子供が病気の時は休めるなど、育児に対する理解が深まっています。

環境整備も進みつつある

また、出産でしばらく看護の現場から離れていた人が、ブランクを気にすることなく仕事に復帰できるための「復職支援」に力を入れているところもあります。

夜勤のある仕事は、子育てをする女性には難しいものですが、看護師・助産師の仕事は「多くの女性が活躍する場」です。

その分、女性が働きやすいように、女性のライフスタイルの変化に対応できる職場作りが整えられているところもたくさんあります。

パートや派遣という働き方も

どれだけ労働環境が整えられていても、小さな子供と離れて仕事をすることをさみしく感じたり、中には罪悪感に駆られるママさん看護師もいることでしょう。

そんな人は、昼間だけのクリニックの勤務や、パート勤務、派遣助産師として働くなど、選択肢はいろいろありますから、自分の優先度に合わせて仕事を選べば、子育てをしながらでも十分働くことができます。

助産師は自らが妊娠・出産・子育てを経験することで、妊婦さんに伝えられること、仕事に活かせることがたくさんできることでしょう。そんな助産師さんの社会参加こそが、女性の社会参加のお手本になればいいなと思います。

仕事体験談