派遣の助産師の働き方

派遣助産師の役割

家庭の都合や、様々な優先度の違いより、正職員、あるいはパート助産師として長期間働くことができない助産師のもうひとつの働き方として「派遣助産師」があります。

派遣助産師は、必要な時に、必要な力を、必要な所に派遣することができ、人材不足に悩む医療機関にとっては、無駄なくスタッフを確保できる新しい雇用の形として注目されています。

特にお産のように、具体的な予定が立たず、忙しい時と、そうでない時の差がある仕事に関しては、必要な時だけ助産師の資格を持った人の応援が得られることはとても合理的です。

派遣助産師で働くメリット

派遣助産師として働くことのメリットは、自分の希望に合った勤務条件の仕事を、自分の都合のよい時間だけ働くことができることです。

勤務先は病院や、助産院、時に保健センターなどさまざまですが、雇用契約は各事業所とではなく派遣会社と行います。

もしも派遣先で問題や、勤務条件の食い違いがあった場合は、派遣会社に報告すれば、会社が事業所と話しあい、改善策を見つけてくれたり、解決しない場合は、別の派遣先を紹介してくれます。

また、看護師や助産師の職場の難しさのひとつとして挙げられる「人間関係の難しさ」も、派遣助産師なら、深く複雑な人間関係の中に身を置かずに仕事ができると言えるかもしれません。

派遣助産師で働くデメリット

一方で、事業所との関わりの浅さは、保障の薄さに反映され、社会保険、有給休暇、退職金などの福利厚生面は、正職員やパート職員にあっても、派遣助産師には適応されないのが一般的です。

助産師として、自分の時間を有効に使い、フレキシブルに働きたいと思う一方で、保障の薄さに不安を感じる人もいるでしょうが、事業所に代わって、各種の保障を有した派遣会社もあります。

派遣助産師として、複数の事業所で働くことで、多くの経験を積みながら自分にあった職場を選ぶこともできますし、逆に事業所から「正職員として…」とオファーを受けることもあります。

派遣助産師には派遣のメリット・デメリットがありますが、時間と資格を有意義に活かせることは間違いありません。

仕事体験談