助産師になるために学校で勉強すること

助産師は、看護師免許取得者が、助産師学校など専門の養成所で必要な知識と技術を一年以上学んだ者、または助産師指定養成校として認可を受けた看護学校で助産師過程を習得した者に、助産師国家試験の受験資格が与えられます。

では、助産師を目指す人が、助産師学校で学習する「必要な知識と技術」にはどのようなものがあるのでしょうか?

養成学校により授業内容の詳細には違いがありますが、厚生労働省の指導要項に準じた助産師養成カリキュラムが設けられています。

基礎助産学

 
基礎助産師学では、文字通り助産師という仕事の基礎になる学科です。

具体的には、助産師の歴史や社会的役割を学ぶ「助産学概論」。女性の体と妊娠の仕組み、婦人科疾患について学ぶ「人間の性と生殖」。妊娠・分娩・産褥について学ぶ「生殖の生理と病態」。母親の心理や現代社会における母子のあり方を学ぶ「母子の心理・社会学」その他「生命倫理」、「母子の健康」などがあります。

助産診断・技術学

基礎助産学では、助産師に必要な知識を習得しますが、助産診断・技術学では、実際に助産師として仕事をする上で必要な技術を習得します。

それは、妊婦さんの検診の仕方、母親学級の指導計画、分娩の介助技術、沐浴・授乳など産褥期の指導、新生児介助の技術など、妊娠~出産~産褥期における助産活動全てを指します。

また、助産活動は、初潮を迎えてからの性教育や知識の普及、更年期障害など、女性のライフサイクル全般に関して行なわれ、それに応じた助産技術も習得する必要があります。

地域母子保健

地域における母子保健活動や、地域保健行政のあり方、活動について学びます。

助産管理

助産師として仕事をする上で必要な法律や、よりよい業務を行なうための産院や産科のあり方を学びます。

学内実習

助産師に必要な知識と技術を学校で学んだら、指導者のもとで実際に行なう『実習』があります。実習を行なう前には、学内で十分な学習はもちろん、技術に関する演習を行ないます。

例えば、赤ちゃんをお風呂に入れる演習は、人形を使い、実際の赤ちゃんだと思って声をかけながら行ないます。

この時、お湯の温度は適切か?赤ちゃんの持ち方はよいか?をしっかり学び、一定レベルに達するまで演習を行なうことで、臨床での実習を行なうのに十分な技術を身につけ事故を防ぐと共に、自信を得ることができます。

仕事体験談