柔道整復師の役割

柔道整復師の仕事は日本古来の医術

柔道整復師の仕事は、外科のような手術をせずに、人間の治癒力を利用して骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などを治療する伝統的な医術です。

「ほねつぎ」や「接骨師」といって、昔から親しまれてきました。

ほねつぎは接骨術を継承してきていますが、柔道の師範や師範代などが資格を取得して接骨院を営むケースもありました。

現在はそうした接骨院や整骨院で働く人を柔道整復師、または柔整師といっています。

柔道整復師は視診と触診を行う

病院の整形外科で働く柔道整復師の場合、CTスキャンなど病院にある最新の設備を利用して治療を行うことがあります。

ですが、柔道整復師は基本的に、目で見る視診と、患部に触れる触診によって、損傷の状態を正確に把握し、損傷の状態にあった適切な判断と治療ができるように訓練されています。

単に患部が痛いといっても骨が折れている場合もあれば、関節が外れている場合もあります。

また、肉離れを起こしている場合や、単なる打ち身である場合など、損傷の仕方はさまざまです。

柔道整復師は患部や患者さんの様子を見て、そして触れることによって、損傷の状態を判断するのです。

そして損傷ができるだけ早く回復するように、固定や整復、理学療法、運動療法、テープ療法など、損傷に合わせた治療を行っていきます。

柔道整復師の役割

柔道整復師は人間が持つ治癒力を利用して治療を行います。

中には損傷が重篤なために長期に渡る治療が必要な場合や、治癒しているにも関わらず、損傷した部分に不快や違和感などをおぼえたり、うまく動かなかったりすることもあります。

また、損傷したことが原因で、損傷した部分以外に不快や違和感をおぼえるようになってしまうこともあります。

そうした場合、柔道整復師は損傷した部分だけでなく、患者さんの体全体の様子を視診・触診して診断し、施術をしていきます。

しかしながら、患者さんが柔道整復師の指導をよく聞き、守ってくれなければ効果は現れません。

そのため、治療において患者さんと柔道整復師との間の信頼関係があるかどうかは非常に重要になります。

患者さんとの信頼関係を築きながら治療を行っていくことが柔道整復師の役割でもあり、大きな信頼を得てこそ、治療もうまくいくのです。